2匹の保護猫のもとに新入りの三毛猫が。反応は…

地域のシェルターで寂しく暮らしていた保護猫が里親に引き取られ、かけがえのない友達に出会うことができました。

[2019-09-02]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
外で見つかった子猫たち。


その後、いっしょに遊ぶ友達ができました。
レスキュー『Hearts Alive Animal Rescue』は、ゴミ捨て場の近くで見つかった2匹の子猫を保護しました。


里親ボランティアをしているニッキ・マルティネスが子猫を引き取り、世話をすることになりました。


ピッコリーノとボンビーナと名付けられた子猫たち。

ニッキさんが数週間つきっきりで看護してくれたおかげで、だいぶ元気を取り戻しました。
同じ頃、地域のシェルターに生後4週の三毛猫・ホイットニーが新たに入りました。



「譲渡不可能」リストに入れられていることを知ったニッキさんは、救いの手を差しのべました。
ホイットニーは少し歩くのが不安定でしたが、それでも楽しそうに部屋を探検して遊んでいました。


ニッキさんの家の環境が良く、健康状態はみるみる改善されていきました。
ホイットニーが十分元気になった頃、ニッキさんはピッコリーノとバンミーナに会わせてみることにしました。


2匹は新入りのホイットニーを暖かく迎え入れ、すぐに打ち解けました。
特にバンビーナと仲良くなったようです。


ホイットニーは、バンビーナのあとをついていってばかりいます。
「命が助かっただけでなく、友達をつくってあげられたことが良かったです」と里親のニッキさんは話します。
飼い主の募集が始まり、ピッコリーノはすぐにもらい手が見つかりました。


そして8月初旬、バンビーナとホイットニーをいっしょに引き取ってくれる飼い主が現れてくれたのです。
2匹の絆はとても強かったので、ニッキさんは同じ家に引き取られたことをとても喜びました。
新しい家でも、やっぱりいつもくっついているバンビーナとホイットニーです♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

驚き

ギャップにキュンとくる甘えん坊な猛獣たち

それまでずっと外で暮らしてきた保護猫。どうしてもこの猫を引き取りたいと思い…

【一眼レフと肉眼レフ】話題を集めた笑える動物ツイート

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

危ない!橋から落下した猫ちゃん。そこに駆けつけたら...

元気一杯の猫ちゃんの愛くるしい仕草♪

笑い

【見なきゃ損!!】ネットで話題のおもしろ動物画像20選

バスステーションの猫が、助けてくれた人のところに走ってやってきた!

シェルターに保護された子猫は、その後そっくりのお兄ちゃん猫に出会う!