出産した野良猫を必死で救出しようとした人々

[2019-08-28]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
野良猫が出産したと連絡を受けて、現場に向かったスタッフは驚きの光景を目にします。
ゴミだらけのコンテナの下という劣悪な環境で、母猫が仔猫を抱きかかえていたのです。

近くの住民がすでにアニマルコントロールを呼んだらしく、すぐに救出しなければなりません。
公共の保護施設では、野良猫たちの命が保証されるとは限らないからです。

そんな思いも分かるはずはなく、野良猫として生きてきた母猫は、非常に警戒心が強くなっていました。
エサを使ったトラップでは、捕獲することができませんでした。
物音に驚いて母猫がその場を離れた隙に、仔猫から保護しようと考えたスタッフ。

しかし、引き返してきた母猫が、仔猫の1匹を連れて別の建物へ入って行ってしまいました!
母猫と仔猫たちを無事に救出できるのか!?

食べ物のトラップにはかからない

引き返してきた母猫が仔猫の1匹を連れて建物の中へ

子どもを守ろうとした必死の母猫の行動ですが、このままでは助けることは難しいです。
大急ぎで残る仔猫たちを無事に保護したスタッフ。
今度は食べ物ではなく、子どもたちをおとりにして母猫をおびき寄せる作戦に。

食べ物を与えても警戒心を解くことなく、決して檻の奥まで入ろうとしなかった母猫。
でも、仔猫たちの声を耳にすると、床下から這い出てきて近付いて来ました。

仔猫たちをおとりにして母猫を捕獲

こうしてようやく、仔猫たちと母猫すべてが無事に保護されました。
救出作業を難しくしたのも、全員が無事に助かったのも母猫の愛情のためでしょう。
母猫は「ビューティー」と名付けられました。

モーリス、ガストン、ラ・フウ、コグスワース、チップと名付けられた仔猫たち

幸いなことに、仔猫たちは成長し、ガストン以外は飼い主さんが見つかったそうです。
一方、母猫のビューティーは、自然に戻されることになりました。
野良猫として生きてきた猫を、家猫として飼うことは難しいのでしょう。
一日も早く、ガストンに引き取り手が見つかればいいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

私たちの頬を思わず緩ませる反則的な動物たち

【仲良しこよし】人気になったかわいい動物画像

感動

我が子の無事を信じて疑わない母犬に突き動かされた結果【動画付き】

【お見舞い♡】最近ネットで話題の笑えるどうぶつ画像

笑い

【作り手はだれ?】最近ネットで話題のおもしろ動物画像

ネットで人気を集めた笑えるどうぶつ画像

誰もまだ目にしたことのないペットたちの笑撃の光景がそこに…

笑い

【かわいい…】話題のほっこりするどうぶつ画像20選

【(-_-)zzz】人気を集めた可愛いのに面白い動物画像まとめ