庭で独り鳴いていた子猫

庭から鳴き声が聞こえてた家主、そして独りぼっちでいる子猫を見つけました。

[2019-08-23]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
6月下旬、アリゾナ州のフェニックス都市圏のある住人は、彼女の庭から子猫の鳴き声が聞こえてきたと言います。調べてみると、そこには茶色の子猫が独り、舗装レンガに挟まれていました。
母猫の姿は見えません。しばらく様子を見ていましたが、女性は子猫を保護してごはんを与え、母猫を探したと言います。一晩中、子猫は母猫を求めて鳴いていましたが、姿を現わすことはありませんでした。

その後、連絡を受けた地元のレスキュー、タリンさんは、レスキュー団体「Jin's Bottle Babies」に助けを求めました。
本来あるべき体重よりも100gも軽かった子猫。ピコと名付けられた彼は、周りが砂漠に囲まれているような場所で発見されたと話す、レスキュー団体のスタッフのシェルビーさん。
シェルビーさんと彼女のご主人のブランドンさんは、交代で付きっきりでピコにミルクを与えました。食後に構って欲しいと鳴くたび、彼らは優しくピコを包んであげたのです。
独りでいるよりも、他の子猫と一緒にいる方がいいと考えたシェルビーさん。そこで彼女は、ピコが見つかる数週間前に引き取った6匹の孤児の子猫たちを紹介しました。

そしてその翌日、キューバ・マイクという孤児の子猫が加わったのです。
他の子猫たちと一緒の囲いの中に入ったピコ。一番幼いながらも、すぐに他の子たちと打ち解けて、一緒に遊び始めました。

もう独りでないことに大喜びしたピコ、大家族のようにお互いを追いかけたりする子猫たちの姿は、とっても愛らしいと語るシェルビーさん。
キューバ・マイクは、ピコを気に入ったようです。一番大きな子ですが、いつも小さな子猫のピコを求めるのです。

そしてシェルビーさんは、ピコは面白い子だと語りました。いつも居心地良いベットよりも、体重計測のためのプラスチックの中で毎回眠るピコ。
ピコがきた当初は歩くのもフラついていましたが、今は元気に他の子猫たちと元気いっぱいに甘えてくる愛らしい子猫に成長しています。
ピコは一番幼い子ですが、いつも注目の的です。彼らが十分に大きくなったら、避妊・去勢手術をしてそれぞれの里親を募集する予定とのこと。

一方、ピコとキューバ・マイクは、8月に同じ家族に引き取られる予定だそうですよ。良かったですね♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

心をポカポカに暖めてくれる動物の赤ちゃんたち

笑い

人気を集めたかわいい動物画像(21枚)

笑い

【ぼろ雑巾…】最近SNSで話題になった動物画像

笑い

【えっちょっとまって】ツイッターで話題を集めたなごむ動物画像まとめ

保護されてとってもハッピーな元野良猫

【アイス食べてる間ずっと見てくる】ネットで盛り上がったどうぶつツイート24選

保護された多指症の子猫

【素敵な兄弟愛】SNSで話題になった動物の画像ツイート25選

【口が………】ネットで人気を集めた笑えるどうぶつ画像