路上から保護されたハッピーな猫たち♪

厳しい路上生活からある猫を保護した女性。そのとき、その子一匹のみだと思っていたのですが・・・

[2019-08-21]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
カナダのモントリオールで、ペルシャ猫がいるのをある一定期間に目撃されていました。しかし、彼女の飼い主だと名乗り出る人は誰もいませんでした。

そして6月下旬、近所の人がいく家がなく茂みの中に隠れている彼女を見つけたのです。
発見者は、その写真を撮って、助けを求めたと言います。すると、発見者の同僚であるイザベルさんは、猫の状態を見て、すぐに助けなくてとキャリアを持ってその場所に駆けつけました。
猫はそこから遠くには行っておらず、近くの車の下に隠れていたと言います。体を丸めていた彼女の目は、瘡蓋で覆われ、毛も汚れて絡まっていました。人に怯えていたため、イザベルさんは伏せて、彼女に優しく話しかけたと言います。

それから30分後、イザベルさんは猫を安全に保護してキャリアの中に入れることができました。そのまま獣医に連れて行き、地元のレスキュー団体「Chatons Orphelins Montréal」が連絡を受けて猫を引き取ることになったのです。
ローズ・ペネローぺと名付けられた猫には、マイクロチップはなく、上気管感染で視覚と呼吸に支障をきたしていたと言います。

骨と皮だけの姿だった彼女ですが、お腹は大きかったと語るレスキュー団体のスタッフ、セリーヌさん。ローズは妊娠していて、彼女だけでなく、子猫たちの命も救われたのです。
絡んだ毛とノミを綺麗に取った後、ローズはすっかり気持ち良くなって喉をゴロゴロさせました。

それから数日で怯えて病気だった猫は、いつも喉をゴロゴロさせる甘えん坊の猫に変身したのです。
ローズは出産の準備のため、フォースター・ボランティアをしているステファニーさんに預けられました。すぐに新しい環境に順応したローズは、ステファニーさんにも甘えてきたと言います。

そして7月20日、ローズは彼女にそっくりな2匹の愛らしい子猫を出産しました。ローズは熱心な母猫として、献身的に我が子の世話をしました。
とっても心配性のローズ、我が子が自分から遠くに行かないようにします。子猫たちが自分のそばにいると安心するローズ。

彼女たちが外での生活で生き残れるのは難しかったことでしょう。安全で居心地の良い室内で子猫たちを育てらるのは、本当に良かったと語るセリーヌさん。
目も開いた子猫たち。そんな我が子に、母猫のローズは誇らしげです♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

わんちゃんが大好きな子猫♪

笑い

【犬………?】人気を集めたおもしろ動物の画像ツイート

感動

九死に一生を得た犬!生きたいという強い意思と献身的なケアで奇跡の回復を遂げた

笑い

【そのポジション譲って…】最近Twitterで話題の動物ツイート20選

【一眼レフと肉眼レフ】話題を集めた笑える動物ツイート

失踪した愛猫と、11年間越しに再会

笑い

【壁の中から・・・?】リツイートを集めた笑える動物画像

【めがとびでてるw】人気になったおもしろ動物画像(24枚)

驚き

出産した野良猫を必死で救出しようとした人々