愛犬のしっぽのケガを治すために考えついたユニークな方法

縫わなければならないほどのケガを負い、獣医には「しっぽをふってはいけない」と言われてしまった犬

[2019-08-06]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
一年半前、ソフィは今の飼い主のもとにやってきました。
それ以来、家族のことが大好きです。


当初は家の中のものすべてをこわがるくらい臆病だったのですが、家族の助けがあり、克服することができました。


しかしある日、不運な出来事が起こりました。
足元にいたソフィに気づかず、ママがしっぽを踏んでしまったのです。
家族は急いでソフィを病院に連れて行きました。


しっぽのケガは重く、手術で縫うことになりました。


10日経っても、なかなかケガが良くなりません。
また獣医に診せると、かなり難しい要望が出されました。


ハッピーでいつもゴキゲンなソフィに、「しっぽをふってはいけない」というのです!
普段、ソフィはいつもうれしそうにしっぽをふります。


それでも、家族はケガを治すためにそれを禁止しなければなりません。


そこで・・・
愛するソフィのために、家族はズボンを履かせてあげました。

最初はボクサーパンツで試してみましたが、小さくてしっぽが出てしまいます。
そこで、幼児用のレギンスを使うことにしました。


これがピッタリでした♪
慣れないのか、20分はその場に立ったままだったソフィ。


その後、なんとか歩き始めました。


もう少し短いと動きやすいかもしれないということで、くるぶしまでのズボンを履かせてみました。

だいぶリラックスできているようです。
2週間この格好で生活を続け、しっぽのケガはだいぶ回復しています。


まもなく獣医に連れていき、許可が出ればズボンを履かなくて良くなるそうです!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【友だち♡】ネットで盛り上がった笑える動物ツイート20選

話題になった笑えるどうぶつ画像

独りで路上にいたギブスの子猫

笑い

人気を集めた笑える動物画像

笑い

【こんなにもふくろうなのに】ネットで話題のかわいい動物ツイート

【すんげぇ微妙な顔…】SNSで話題を集めた笑える動物ツイート

笑い

この道の先は…!ペットたちが行き先は動物病院だと気づいた瞬間

人間も動物も同じ?お風呂が大好きな動物たち

【「どけー!」「何やってんだよ!」】ネットで盛り上がった動物画像(22枚)