愛犬のしっぽのケガを治すために考えついたユニークな方法

縫わなければならないほどのケガを負い、獣医には「しっぽをふってはいけない」と言われてしまった犬

[2019-08-06]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
一年半前、ソフィは今の飼い主のもとにやってきました。
それ以来、家族のことが大好きです。


当初は家の中のものすべてをこわがるくらい臆病だったのですが、家族の助けがあり、克服することができました。


しかしある日、不運な出来事が起こりました。
足元にいたソフィに気づかず、ママがしっぽを踏んでしまったのです。
家族は急いでソフィを病院に連れて行きました。


しっぽのケガは重く、手術で縫うことになりました。


10日経っても、なかなかケガが良くなりません。
また獣医に診せると、かなり難しい要望が出されました。


ハッピーでいつもゴキゲンなソフィに、「しっぽをふってはいけない」というのです!
普段、ソフィはいつもうれしそうにしっぽをふります。


それでも、家族はケガを治すためにそれを禁止しなければなりません。


そこで・・・
愛するソフィのために、家族はズボンを履かせてあげました。

最初はボクサーパンツで試してみましたが、小さくてしっぽが出てしまいます。
そこで、幼児用のレギンスを使うことにしました。


これがピッタリでした♪
慣れないのか、20分はその場に立ったままだったソフィ。


その後、なんとか歩き始めました。


もう少し短いと動きやすいかもしれないということで、くるぶしまでのズボンを履かせてみました。

だいぶリラックスできているようです。
2週間この格好で生活を続け、しっぽのケガはだいぶ回復しています。


まもなく獣医に連れていき、許可が出ればズボンを履かなくて良くなるそうです!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

皆スクスク大きくな〜れ!動物達の可愛いミルクタイム

「あなたはまだ幸せになれるのよ」20歳で飼い主に捨てられた老猫が、最後に手に入れた幸せな暮らし。

【仲良しこよし♪】ツイッターで人気!シンクロしてるかわいい動物まとめ

驚き

米カリフォルニア州の動物保護施設にて、純白の毛並みと美しいオッドアイを持つ猫の親子が保護される。

【天使】人気を集めたかわいい動物画像(21枚)

感動

置き去りにされてしまった仔猫が笑顔になったワケ

笑い

だって好きなんだもん♡ 抱っこが大好きなワンコがいじらしくて可愛い~♡【20枚】

どうしても犬たちとお昼寝したい猫がとった行動とは…【動画付き】

【野生を完全に忘れた…】ツイッターで人気になった動物画像