繁殖で増え続けた、35匹のモルモット

ある女性がシェルターに運んできた箱の中には・・・彼女の手に負えなくなった35匹ものモルモットの赤ちゃんでした。

[2019-07-10]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ノース・カロライナ州レキシントンにあるシェルター「The Davidson County Animal Shelter」は、月曜日の午後にある女性が箱を持ってきた時にはもうすでに、保護した動物で溢れかえる寸前でした。

そして女性はシェルタースタッフにモルモットを預けにきたと伝えたのです。ですが、箱の中にいたのは、2-3匹ではなく、35匹もいたのです。
シェルターはすぐに全てのモルモットを引き取ると承諾したものの、彼らのためのスペースがシェルターにないことに、打ちひしがれたと言います。

女性によれば、連れてきたほとんどのモルモットは、生後3-4ヶ月と説明しました。そして、こんなに多くのモルモットを持つつもりはなかったと話した元飼い主さん。当初は2匹だけだったのが、繁殖によってどんどん増えて手に負えなくなりシェルターに助けを求めてきたのでした。
このような状況がまさに、ペットをの避妊・去勢処置をする重要な理由の一つでもあります。ほとんどの子犬や子猫が捨てられるのは、計画していなかったために、家族がパニックになって助けを求めず、路上に捨ててしまうのです。

今回の元飼い主さんの女性は、正しい行いをしてくれたのが、なによりも幸いでした。そしてシェルターは、大量にやってきたモルモットの世話の着手し始めました。
健康状態が良好なモルモットはなかったと言います。ほとんどの子の爪は伸びきって、一部の毛を失っていたと言います。頭数が多いために元飼い主さんがこの子たちの世話をするのに苦労していたのは明らかでした。

マイナーな問題はあったものの、それ以外の肉体的な問題はなかったと言います。ですが、たくさんのスタッフが世話をしようとしているため、ほとんどの子は、シェルターにいること自体に怯えていました。

「どの子も怯えて、お腹を空かせ、一部は標準よりも体重が少なかった」と語るシェルタースタッフ。
みんな綺麗にして、安全で居心地良いと感じられるようにそれぞれを別々にしてあげた後、スタッフたちは、スペースがもうないシェルターでどのように世話をして行くのか、解決策を検討しました。

そして、35匹分の投稿をFacebookに投稿することにしたのです。すると、数日の間で35匹のモルモットは、レスキュー団体に引き取られるか、素敵な新しい飼い主さんを見つけることが出来ました。
元飼い主さんが自分の手に負えないと気がついたとき、助けを求めてきてくれたおかげで、この35匹のモルモットたちはみんな、安全で幸せな新しい生活をスタートさせることができたのです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑顔が一番!笑顔が弾けるペットたち

「動物看護師」になった元野良猫

笑い

【アグレッシブ】人気を集めたなごむ動物ツイート

【ワンコだよね…?】ネットで盛り上がった癒される動物画像25選

飼い主が戻ってくることを信じて、イスの上で待ち続けていた犬

笑い

【グー】ツイッターで話題のおもしろどうぶつ画像

【デカいにゃんこ…】ネットで話題を集めた笑える動物ツイートまとめ

【にゃんぐり返し】最近ネットで話題の笑えるどうぶつ画像

笑い

最近ネットで人気を集めたなごむ動物画像21選