続々とボランティアの人たちが保護施設を訪れたワケとは?

[2019-07-10]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
新年を迎えた時と同じく、7月4日は多くの子犬にとって心休まることはありません。
実際、花火やその他の騒々しい騒音、当人たちにとっては悪夢そのものです。
家犬であれば隠れることができますが、保護施設の犬たちはそうはいきません。
そこで、ある保護施設がこの問題を解決する手立てを思い付きました。
独立記念日が祝日であることを利用して、ボランティアに協力してもらうのです。

獣医師のマーティ・ベーカーは、こう話します。
「子犬たちが騒音恐怖症であれば、それは恐ろしいことです」と。
続けて、「多くの場合、自傷行為に及ぶおそれがあります。 板ガラスの窓を通り抜けた犬が入ってきました。子犬たちは死んでしまうと思います。 同じようにあなたが死ぬ運命にあると思うとき、常軌を逸した行動をとってしまいます。」と語りました。

打ちあがる花火

読み聞かせを行う少年

昨年は300名もの人々が

怖がる犬を落ち着かせるために支援を申し出てくれました。

歌ったり、読んだり…

支援の輪が広がるように願って

独立記念日を祝して打ち上げられる花火。
しかし、保護施設の子犬にとっては迷惑な行事のようです。
家犬の中にも、雷や花火などの大きな音が苦手なものがいます。
温かい支援の輪が広がって、心穏やかに過ごしていけるといいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

ドキューン!動物たちの可愛すぎるファーストキス!

面倒だけどきになる奴…ネコと子供のズッコケコンビが最強に可愛い!! 30枚

地下に捨てられていた猫

笑い

どれもこれも全部面白い!! 表情豊かすぎる動物たち 25枚

笑い

【猫がいる整体院】話題を集めたおもしろ動物の画像ツイート9選

警戒心が強い野良猫がレスキューに甘えるように♪

【胸毛】最近Twitterで話題の動物ツイート20選

感動

酷い虐待を受けた仔猫が笑顔を取り戻すまで【閲覧注意!!!】

伝説の不機嫌な猫が永眠