甲羅に傷を負ったカメの治療に一役買った意外なものの正体とは?

[2019-07-08]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
カメの甲羅は、臓器を保護する動物の骨格の重要な部分です。
ペットのカメは甲羅が壊れてしまう危険にさらされることはありません。
しかし、野生のものはそれほど恵まれてはいません。
火災、そして特に自動車は甲羅を傷つけ、深刻な結果を招いてしまいます。

甲羅に傷を負ったからといって、命の危険にさらされるとは限りません。
適切な処置を行うことで、ひびの入ったカメの甲羅を修復することができるのです。

ある動物保護団体は画期的な方法を思い付きました。
「Wildthunder Wildlife&Animal Rehabilitation&Sanctuary」はFacebook上で、ある物の譲渡を呼びかけました。
使い古しのブラのファスナーです。
定数に達したため現在、応募の受付は行われていません。

甲羅が割れてしまったカメ

使い古しのブラのフホックを

ゴミとして廃棄されてしまうブラのファスナーの寄付を募りました。

これで第2の人生を

痛々しい傷

モザイクがかけられていますが、血管と神経が甲羅の中を通っています。
甲羅は厚い皮層と堅い角質層から成ります。
外側の層は、成長に伴い、新たな層が形成されるに従い剥がれ落ちていきます。

他の動物と同じように、カメも皮膚に問題を抱えている場合があります。
例えば、貝は細菌や真菌の感染によって腐敗してしまうことがあります。
また、骨盤の均整がとれていない成長は、殻のピラミッド化を招くおそれが生じます。
それによって、殻が割れたり、欠けたり、壊れたりすることがあります。

かっちり甲羅と甲羅をつなぐ

動物保護団体は、多くの人の協力に感謝の意を示しています。
「私たちは、もはや目にすることのないような驚くほどの量寄付を目にしました。」

彼らは、同様にファスナーを使うことができる他の救助のリンクを掲示することを約束しました。
それにもかかわらず、まだ病気、孤児、そしてけがをした野生生物の世話をする上で多くの助けを必要としています。
活動は完全に無償で行われており、寄付金と自己資金によって運営されています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

ツイッターで話題になったなごむ動物画像

笑い

【アグレッシブ】人気を集めたなごむ動物ツイート

画像まとめ

母親を失った子馬のそばに付き添う犬

笑い

【前足の長さをアピール】明日から頑張れるどうぶつ画像(21枚)

笑い

【うまそうだにゃ〜】ツイッターで話題のどうぶつツイート21選

【ぶりっ子風】SNSで人気になったどうぶつ画像

【激務の疲れを癒すためにぜひご利用ください】SNSで話題になったなごむ動物画像(23枚)

【ハイ!ハイ!ハイ!】話題になった笑えるどうぶつ画像

笑い

【出来れば塩水を…】話題の癒される動物ツイート