この犬には見た目ではわからない問題があって…?

レスキューに保護され、まもなくして飼い主が決まり、順調に見えたが…

[2019-06-04]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
障害というものは時にはひと目でわかりますが、見た目には現れていない場合もあります。

ピットブルのリリーもそのうちの1匹。

生後4ヶ月のときにレスキュー『Fur Friends In Need』に保護され、間もなくして飼い主が決まりました。
その時点では、誰もリリーの抱える問題には気づいていませんでした。


そして5ヶ月後、飼い主から手放されてしまったのです。
飼い主の元で過ごしているとき、リリーは他の犬に攻撃的になり、家族は手の施しようがないほどでした。

家族はしばらく様子を見ていましたが、態度が悪化したため、レスキューに返すことにしたのです。


その後、リリーは周りに他の犬がいても大丈夫なようにトレーニングを受けることになりました。
トレーナーはリリーの問題にすぐに気がつきました。

見たことのない犬が現れると、とても怖がり、避けようとするのです。
また、興奮しやすく繊細な性格でもあり、自分で心を落ち着かせるのが難しいようです。


それでもリリーはとても楽しそうにトレーニングに参加し、新しいことをたくさん学びました。
他の犬が現れても取り乱さないように訓練を受け、だいぶ改善されました。


近くにいても落ち着いていられるようになったのです。
リリーは人のことが大好きで、とても信頼しています。


他の犬が現れても、守ってくれる人がそこにいてくれれば大丈夫。
恐怖症や不安症…リリーの抱える問題は、見た目ではわかりません。
飼い主はこのようなリリーの性質を理解し、配慮する必要があります。


ちょっと難しいところはあるものの、リリーはとても明るく、家族に喜びをもたらす存在になれるはずです。
リリーは神経質で、過度に反応してしまいがちなのです。


人と接するよりも犬と触れ合う方が好きな人がいるのと同じように、リリーは犬仲間よりも人と接する方が好きなようです。
トレーニングによって、リリーの行動はだいぶ改善されました。


リリーは今、自分を愛してくれる最高の家族が現れてくれるのを心待ちにしています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【洗濯物!?】話題になった笑えるどうぶつ画像

【しょぼーん】話題になった面白くてカワイイ動物画像

感動

命を救ってくれた男性の側を離れようとしない子鹿

【どうしても動きたくないという意思が見える表情♪】ツイッターで癒される動物の画像ツイート23選

ピアニストが救った足の動かない子猫

猫のパパになった男性。どこに行くにも猫を肩に乗せて歩き、2年後には…

コンクリート下の隙間に閉じ込められていたのは行方不明の猫

【涙が止まらない】話題になった笑えるどうぶつ画像

笑い

【大事なカピバラさんが、、、、】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像 30選