二度と帰ってこない人を待ち続ける犬

4年間世話をしてもらった恩人との辛い別れ

[2019-06-04]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
フィリピンにあるマバラカット・シティ大学の事務室の前に座っていたのは、野良犬のブボイ。


仲良しの人が出てきてくれるのを待っていました。
カルメリト・マルセロ教授は、4年間ブボイを可愛がってきました。

そして、ブボイもマルセロさんのことをとても慕っていました。

しかし悲しいことに、先週土曜、マルセロさんは入院先の病院で亡くなったのです。


今までブボイはいつも玄関でマルセロさんに挨拶し、教室についていき、ランチを食べ、ずっといっしょに過ごしていました。
マルセロさんは、授業がない日でもブボイの様子を見に来ていました。


マルセロさんにとって、ブボイは家族同然だったのです。
ドアの前で待ち続けるブボイ。


でも、もう二度とマルセロさんが現れることはありません。
マルセロさんの同僚のデマフェリックスさんは、ブボイをお通夜に連れて行くことにしました。


最後のお別れをさせてあげたかったのです。
ブボイは棺に入ったマルセロさんをじっと見つめ、そこから動こうとしませんでした。


現在、職員たちが協力してブボイの世話を続けています。

もうマルセロさんはこの世にいませんが、ブボイにとって大学は我が家のようなもの。
大好きな人との思い出の場所で、なんとか悲しみを乗り越えていけることを願っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

救命救急士が路上から救った子猫

感動

見逃したらもったいない!鳥たちの羽ばたく瞬間をおさめた奇跡の一瞬!【30枚】

【気づかなくてごめんね(泣)】SNSで人気を集めた笑える動物画像24選

子ども用のブランケットを盗んだ犯人の正体は…

感動

弟に誘われアニマルシェルターを訪れた1人の女性。そこで彼女を待っていた思いがけない出会いとは。

笑い

究極癒やしをあなたへ!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

【にゃんこ干し♪】人気を集めたかわいい動物画像(21枚)

ああ、なるほどと、気付けばクスッと笑ってしまうような10シーン

驚き

パンダの赤ちゃんを抱っこするだけ。そんな夢のようなお仕事が存在するらしい。