タール液に嵌って身動きできない犬

ベトベトのタール液に嵌ってしまった犬は、もう気力を失ってしまい命が途絶えようしていました。ですがレスキューたちが集まってくるを知って彼の瞳に微かな希望の光がさして・・・

[2019-05-25]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
先週、ポーランドのスヴァウキ町近くでとある従業員が気なるものが聴こえてきたのです。遠く離れた雑木林から、まるで助けを求めているかのように、犬が絶えず吠えていたのです。

その従業員は、声を辿って確認して見るとこにしました。
すると、ベトベトのタール液の溜まりに嵌って、動けないでいる犬がいたのです。従業員たちだけでは、犬を救い出すことが出来ず、レスキュー団体「Niczyje Animal Foundation」のジョアンナさんに連絡して助けを求めました。
どうやら、捨てられたと思われる彼は、暖を求めていたところ、違法放棄されたタール液とは気づかずにその上に横たわってしまったのでしょう。どれくらいの間、ここにいたのかは分かりません。ですが、明らかにもう彼に残された時間はありませんでした。彼の気力は、急速に無くなっていったのです。

地元の消防士たちと協力して、犬の救出に取り組んだジョアンナさん。すると、彼の瞳に微かな希望がさしてきたのです。私たちが助けようとするのを分かっていたのだと、ジョアンナさん。
レスキューたちは慎重にタール液に嵌ってしまった毛を切り、調理油を使って残りの部分を解しました。そしてついに、犬を抱き上げることができたのです。
その後すぐに動物病院に運ばれ、まだ体についているタール液を可能な限りに除去しました。
それは、とても大変な仕事でした・・・
幸いにも、顔の片方側に表面的な傷を負った以外、犬は比較的に健康状態が良かったと言います。
それから何回かタール液の除去を行い、その度に彼の気力もどんどん回復していき・・・
「Farcik」と名付けられた犬は、死の罠から救われただけでなく、もう愛されないひとりぼっちの犬からも解放されたのです。
Farcikが完全回復するには、まだ時間がかかりますが、彼の将来を心配してくれる人たちに見守られています。

タイミングを見てジョアンナさんは、彼が幸せになれように引き取るつもりでいるそうですよ。
彼がどのようにして死の罠に嵌ってしまったのか、本当のことは分かりません。ですが、彼の生きようとする意志と、彼が求めた助けが適切な人に届いたことが彼の生死を分けたのだとジョアンナさんは言います。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

助けてくれた警察官が大好きでたまらない子猫♪

驚き

謎のセレクション!ペットたちの意外すぎるお土産

雪の上で丸まっていた野良犬

感動

優しくて可愛い!ワンコってやっぱり最高と思う瞬間

笑い

【すっぽり…!!】最近ツイッターで話題の動物画像まとめ

ドライブスルーのコーヒーショップで働く女性。来てくれた犬を必ず撮影しています

【夕方嫁から送られてきた画像】人気を集めた癒されるどうぶつツイート

猫に救われた子猫たち

驚き

後悔の2文字を知らないワンコたち