愛犬の命のために、車を売ることにした飼い主

異物を飲み込んでしまい、体調を崩した犬。手術には大金がかかることがわかり…

[2019-05-12]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ランディ・エッターさんと、その愛犬・ジェミニ。とても仲良しで大切なパートナーです。


ジェミニがまだ小さな子犬だった頃にエッターさんと出会い、今では2歳になりました。
1ヶ月前、ジェミニはエッターさんの恋人の家で遊んでいました。


ボトルを使って遊んでいたのですが、先端部分を誤って飲み込んでしまったのです。


ジェミニはみるみる元気が無くなっていきました。
ぐったりとして、「助けて」と訴えるような表情をしていました。
ジェミニは嘔吐し始め、体調が悪化しているのは明らかでした。


エッターさんは急いでジェミニを病院に連れていきました。
異物が体の中で詰まっているため、ジェミニは手術を受ける必要がありました。


しかし、手術にはなんと4500ドルもの大金がかかるというのです。


エッターさんはそんなお金を持ち合わせていませんでした。
そこで、愛するジェミニのために車を売ることに決めたのです。
幸い車は2000ドルで売れましたが、それでも手術代には足りません。


エッターさんは困り果てていましたが、地域の団体『S.O.A.R Initiative (Street Outreach Animal Response)』がこの話を知り、3000ドルを援助してくれることになりました!


これでようやくジェミニは手術を受けることができます。
ジェミニは現在回復に向かっています。


飼い主のエッターさんを始め、様々な人たちの協力によってひとつの命が救われたのでした。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【こんなにもふくろうなのに】ネットで話題のかわいい動物ツイート

笑い

話題になったかわいいどうぶつ画像まとめ

驚き

センスが光る!ペットたちのお土産セレクション

【あっ】ネットで話題の癒されるどうぶつツイート21選

誰か起こして〜!ちょっとおドジなワンコたち

笑い

【楽しそう!嬉しそう!(笑)】話題になったおもしろ動物画像

笑い

【夏本番】身体の冷やし方はにゃんこに学べ?!

驚き

駆け寄って来る愛犬を前に呆然自失となった理由とは?

赤ちゃん用のおもちゃを自分のものだと勘違いしている猫