血の分けた家族に見捨てられた盲目の子猫

兄弟に拒否された盲目の子猫は、愛してくれる人を見つけて人生が変わりました。

[2019-05-10]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
イギリスのロンドンに住んでいるケリーさんは、家を探している子猫たちに会いに来ていました。特に引き取ることは考えずに、子猫との触れ合いを楽しんでいたケリーさん。
そんなときに彼女は、母猫と兄弟たちに見捨てられ、弾き出されたグレーと白の子猫に気がつきました。その子猫は、膝蓋骨脱臼および骨格異常の上、膝蓋骨脱臼および骨格異常で生まれた子でした。

彼を抱き上げると、ケリーさんの手のひらで丸まったその子猫。頭を撫でると、すぐにその子猫はリラックスしたと言います。
ケリーさんはただ子猫たちとの触れ合い程度で終わるつもりでした。しかし帰宅した後も盲目の子猫が頭から離れなかったケリーさん。

そして2日後には、その子猫を引き取ることを決意したと言います。ケリーさんは子猫にルーイと名付けました。
子猫はすぐに新しい家の生活に順応しました。初日はケリーにとって緊張した日でした。しかし、ルーイは何も怯えた様子は見せなかったと言います。
部屋に他の人がいるある時、ルーイはとても緊張してケリーさんの声を頼りに彼女のそばに座っていました。

そのときにケリーさんは、彼女のそばでいることがルーイにとって安心と感じることに気がついたと言います。そして目が見えなくても、部屋の中で駆け回るのを楽しむルーイ。
どこにでもケリーさんの後をついて回り、独りにされるのが嫌いなルーイ。いつも何が起きているのか、知りたがるとケリーさんは言います。

大きな音で喉をゴロゴロさせ、特によく甘えるルーイ。彼はベットにケリーさんがいると、いつも足の間に座るそう。
ケリーさんは、おそらくルーイは感覚と髭で目が見えないハンディな部分を埋めているのだと話しました。

路上ではない、よく熟知している環境にいる空気であれば、なんの問題もないルーイ。
それから数年間、ルーイは美しく素晴らしい猫へと成長しました。数えきれない健康問題を抱えてながらも、精一杯生きることを辞めないルーイ。
とても落ち着いた性質のルーイ。きっと彼は力強く生きるだろうとケリーさんは語ります。
ルーイのような猫は、目が見える猫とそう変わらないと語るケリーさん。好きなことをするのに、彼を止めるものはありません。普通の猫と同様に遊ぶのが大好きな冒険家のルーイ。
初日にケリーさんの前でとてもリラックスしていたルーイを見ると、私は彼から選ばれたのね、とケリーさんは語りました。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

生まれてすぐに保護が必要だった子猫ちゃん

【ネコ捕獲中】ツイッターで話題になった動物画像

最近人気を集めた笑える動物画像(25枚)

笑い

【にゃんぐり返し】最近ネットで話題の笑えるどうぶつ画像

笑い

【鶴の恩返し…?】最近盛り上がったどうぶつツイートまとめ

家の前の看板を見た女性は

笑い

動物好きにオススメの話題のツイート23選

笑い

【いやし】ツイッターで話題の動物の画像ツイート

【ハイ!ハイ!ハイ!】話題になった笑えるどうぶつ画像