耳が欠損したまま生まれてきたミミ

[2019-04-14]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ロダニア・ウィルチさんは、ウサギの母親と生まれた子どもたちの里親を務めることになりました。これまで里親を務めていた方が病気になったためお手伝いのつもりで始めたそうです。育てていく中において、ロダニアさんは子どもたちの中に異なる子どもの存在に気が付きました。ウサギの特徴の1つである耳がなかったのです。

あれっ、どこか何かが違う!

耳がなくって3本足

もちろん聴力はありません。

きょうだいと仲良く暮らす

あるアイデアを思い付いたロダニアさん

ロダニアさんは手編みの帽子や付け耳を編んでいるそうです。安全に配慮して、いつもは着用させていません。ちょっとした思い付きで始めたことが、多くの人々の感動を誘いました。

ミニチュアサイズのうさ耳

装着すると、こんなにキュート

メルヘンチックなものも

これはハロウィン仕様

特別な時だけ装着

顎の下でひもを結んで着用するタイプの付け耳は、安全面を考慮して以下の場合にしか使っていないそうです。

【装着する条件】
①ロダニアさんのそばでミミが大人しく座っていること
②写真撮影をする目的がある場合

こんなにカラフルなタイプも

ひもは結ばずミミの思いを優先に

ロダニアさんが最後まで育てていく

他のきょうだいには、里親を探す予定のロダニアさん。でも、ミミだけはロダニアさんがしっかりと最後まで育てていくつもりだそうです。

胸キュンしちゃいそう

先天的に耳が欠損したままの状態で誕生してきたミミ。でも、彼女は自分の人生をしっかりと謳歌しています。ロダニアさんという愛にあふれた飼い主さんに恵まれたため。これからも輝くような楽しい日々を過ごしていくことができるでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

テニスボールほどの小さな猫。でも大きな声で鳴き、生きるためにがんばる!

驚き

ニャンコがまるで液体になってしまったかのような衝撃的瞬間!

ダンボールに住んでいた猫が次に気に入ったのは…

ご飯を必ず半分残す悲しい理由

笑い

【置物みたい、、、】人気を集めたなごむ動物画像

驚き

ニャンコが実は自分の仕事だと思ってそうなこと

ネットで話題の笑えるどうぶつツイート

最近ネットで話題を集めたなごむ動物画像24選

笑い

【あああああああああああああああああああああああああ】ネットで話題になった笑える動物ツイートまとめ