ご飯を必ず半分残す悲しい理由

笑みを浮かべて、尻尾を子犬のように振っているこのオタビオを見ると、彼が若い時に経験した辛く悲しいことを経験したなんて想像ができないでしょう。ですが悲しいことに、その暗い過去は今もまだ残っているのです。

[2019-03-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今年の初め、ジョイス・ラマスさんと彼女のご主人は、レスキュー団体からオタビオを引き取りました。オタビオは、たくさん飼育放棄された犬たちがいた元飼い主から保護されたいないでした。
安全な場所に移され、体も傷も治りましたが、人と触れるのをとても恐れていたオタビオをラマス夫妻は助けたいと思ったといいます。
オタビオを家に連れてきて数ヶ月、夫婦は少しずつオタビオが心を開いてくれていくのを見守ってきました。撫でようと手を伸ばすと、ビックっとしていた彼は今、身を擦り寄せて甘えるのが大好きになったのです。

ですが、彼に刻まれた見えない傷は、別の形で現れたのです。特に彼の食べ方にそれは顕著に現れたのです。どんなに多くドックフードをお皿に入れても、オタビオは必ず半分残すのです。
どうしてこのようにするのか、はっきり分かりませんが、ラマス夫妻は飼育放棄された経験がそうさせていると推測しています。

食事をきちんと与えられていなかったオタビオは、与えられたごはんを取っておいておくことを覚えたのではないでしょうか。あるいは、そばにいたお腹を空かせた仲間のために取っておいたのかも知れません。
とても悲しいと話すジョイスさん。いつもオタビオに全部食べて良いのよ、と伝えているジョイスさん。いつか、過去の出来事が本当の過去になることを願っているラマス夫妻。

もうこれからオタビオは、無い生活を送ることはありません。ご飯も愛情も、2人はオタビオに与え続けて彼が幸せになれるよう努力していくと夫妻は話しました。
虐待から保護した犬の面倒は大変なものだと話すラマス夫妻。ですが、愛情を注いで変化が見えるでやる価値はあると2人は語ります。

順応するまで時間がかかるので辛抱強さとたくさんの愛情が必要ですが、保護された動物は他よりももっと優しくて素晴らしい子たちだとラマス夫妻は話します。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【ゆるす】話題の癒される動物ツイート

生まれる子猫のために助けを乞う母猫

感動

みんな違ってみんな最高に可愛い!動物の赤ちゃんたち

画像まとめ

雪の上で丸まっていた野良犬

笑い

【ご飯食べたいよ〜】リツイートを集めた笑える動物画像

【おきゃくさま〜】人気を集めたかわいい動物ツイート

感動

瀕死の仔犬を助けたら、チンパンジーが世話役を買って出た【動画付き】

ちょっとテンションが低めな日でも気分が上向いちゃう動物画像集

驚き

犬と猫の世界に「恥」という単語は存在しない!!!