病気の男の子をそばで見守るピットブル犬

インフルエンザにかかったドーソンくん。熱にうなされて機嫌が悪い彼は、誰とも何もしたがりませんでした。でもピットブル犬のリディックは違いました。リディックに抱きついて甘えてくるドーソンくんを優しく見守るリディック。

[2019-03-23]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
リディックは2015年、走行している車から投げ捨てられたところをレスキュー団体「Rescue Dogs Rock NYC」によって保護されました。治療をして元気になったのちに彼の里親を募集したところ、リディックはブライアンさんと彼の奥さんの2人に出会いました。

ブライアンさんたちは、Facebookでリディックの写真を見て一目で気に入り、その年の8月にリディックは夫婦に迎え入れられ、すぐに2人にとって大事な家族の一員となりました。
それから1年後、夫婦の間に男の子の赤ちゃんが生まれました。そのドーソンくんが家にやってきた瞬間から、リディックともう1匹のピットブル犬、カンブリアは赤ちゃんに夢中になりました。ドーソンくんが泣くと、2匹のパトロール犬は彼を確認しに駆け込んでくると話すブライアンさん。

ドーソンくんが昼寝から目を覚ますたびに、ブライアンさんたちは「ドーソンくんが起きたぞ!」と言うんだそう。すると2匹の愛犬たちは待っていましたとばかりに部屋に駆け込むそうです(笑)

夜、ドーソンくんに本を読んであげている間も2匹は一緒に座り込んで聞いていると話すブライアンさん。いつもカンブリアは、ブライアンさんの膝の上に乗っかり、リディックは床に伏せて朗読を聞いています。
そんな2匹にドーソンくんはお休みのキスをして眠るのが、一家の日課となりました。ドーソンくんもこのピットブル犬たちが大好きです。いつも一緒に過ごして、機会があればごはんもあげようとするドーソンくん。
そんなドーソンくんは最近、インフルエンザにかかってしまいました。これほど体調を悪くしたには初めてのドーソンくん。熱にうなされて、誰とも何もしたがりませんでした。ですがリディックだけは違ったのです。

リディックと一緒に足乗せ用ソファーに登り、ずっとリディックを抱いていたドーソンくん。彼が体調が悪いと知っていたリディックは、ドーソンくんのそばにずっと寄り添っていました。そしてそこで一時間以上も寝込んだドーソンくんですが、その間リディックは動かずにじっとしていました。
ドーソンくんがぐずっているときや、病気のときにいつも求めるのは、リディックです。そんなドーソンくんの期待に、喜んで答えるリディック。

ドーソンくんを優しく見守るリディックは、本当におとなしく素晴らしい気質の犬だと語るブライアンさん。
それから数日後、すっかり元気になったドーソンくんは、大好きな犬たちと一緒に走り回っています。元気いっぱいだろうと、病気だろうと、ドーソンくんのそばにはいつもリディックがいます♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

驚き

驚嘆を秘めて誕生してきた動物たちの姿とは?

インスタで大人気のダックスフント、ルルーが母親になった日…

二つの顔を持って生まれた子猫

画像まとめ

家族ってあったかいなって再確認させられるワンシーン

笑い

【ぽよぽよお腹を揺らしております】ツイッターで話題のかわいい動物画像

笑い

【がんばるぞ~】ネットで人気を集めた動物ツイートまとめ

人気を集めた笑える動物の画像ツイート22選

【ぱくっ】話題になった動物ツイート25選

笑い

SNSで人気を集めた動物画像