「寄り目」の野良猫が自分の居場所を見つける!

コロニーに迷い込んだのは寄り目の黒猫。里親の家に入っても、こわがってばかりいました。

[2019-03-18]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ニューヨークの野良猫コロニーに迷い込んできたこちらの猫。


寄り目と真っ黒の毛が特徴です。
ニューヨークのレスキューグループ『Little Wanderers』がこの黒猫を見つけました。
高熱を出し、健康状態がかなり悪い様子だったので、保護して里親のエイドリエンさんの家に移しました。



スパイクと名付けられた黒猫は、おびえて部屋の隅にちぢこまっていました。
毎日毎日、エイドリエンさんから逃げ回るスパイク。


それでも日々少しずつ環境に慣れてきたようです。
3週間経ったある日、エイドリエンさんはスパイクを地階の部屋で自由に過ごさせてみました。


するとスパイクはだいぶ気持ちが和らいだようで、家に住む他の猫たちとの交流を始めました。
やがてエイドリエンさんを信頼し始め、やっと抱っこをねだるように♪
エイドリエンさんや獣医は、スパイクの寄り目は心的外傷が原因だと考えています。
それは身体的ダメージだけではなく神経障害をも引き起こし、ちょっとしたことでもひどく怖がってしまうのです。
今ではエイドリエンさんの腕の中で眠ったり、テディベアにすりついたりして安心しています。
当初、スパイクは新しい飼い主を募集する予定でした。


しかしエイドリエンさんはスパイクの様子を見て、そのまま引き取ることに決めました。
エイドリエンさんは、手のかかるスパイクの面倒を見ているうちに、苦労しながらも愛着を感じるようになっていたのです。
今、スパイクはエイドリエンさんのもとで幸せに暮らしています。
そして、日々成長を続けています。
他の猫と遊んだり、中庭に出てみたり。夜は毎晩エイドリエンさんの布団にもぐりこんでいっしょに眠ります。


毎日が楽しくて仕方ないみたいです^^
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【にゃんと!!】リツイートを集めた笑える動物ツイートまとめ

毎朝、ママに「帽子の材料」を持ってくる猫

自分と同じ境遇で保護された子猫を優しく包み込む黒猫

オスカー賞の受賞も夢じゃない!?とっても感情豊かなペットたち

ピザ屋のシェフを選んだ子猫♪

孤児の子猫を愛する野性的な母猫

笑い

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

驚き

実は固体ではなく、液体だと証明された!?ニャンコたち23選

画像まとめ

可愛いと癒やしのコラボレーション♪小動物と動物がいっぱい特集!