人生の冬に終わりを告げ、母猫に訪れた春

[2019-03-14]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ある朝、ニューヨークに暮らすレニー・ベセラさんが目を覚ますと、窓の外に野良猫の親子がいることに気が付きました。外は雪がちらついていました。猫たちのことを心配して様子を見に行くと、警戒心の強い母猫はその場から離れてしまったのです。

この天候の中で仔猫たちを放っておくことはできないとレニーさんは一計を案じます。野良猫のお世話の経験のあるレニーさんは、仔猫を保護することに。そこでまず、片隅に猫親子用の小屋を婚約者のナサニエルさんとともに建てました。こうしておけば、母猫が戻ってきた時にみんなで住めると考えました。

仔猫を保護しながら、飼い主も探し出しましたが、母猫は見つかりません。月日は流れ、ニューヨークが雪に見舞われた時、ついにその時が訪れました。レニーさん宅に見慣れた顔の猫が姿を現しました。レニーさんは一目見て、あの時の母猫、チャンク・チャンクだと気が付きます。

よっぽどお腹が空いていたみたい

仔猫を保護し養育

全身を雪で覆われた猫が!!!

チャンク・チャンクは吹雪の中を姿を現しました。レニーさんの目には、彼女は混乱していて、どこか安全で温かい場所を求めているように思えたそうです。ちなみに、チャンク・チャンクという呼称は、仔猫を保護した際に母猫にレニーさんが付けていました。

凍えていた母猫を、ナサニエルさんはすぐに室内に招き入れました。チャンク・チャンクは耳の片方が少し欠けており、避妊手術を受けたようでした。しばらく環境の変化に戸惑いを隠せませんでしたが、お風呂に入る頃には冷静さを取り戻していたそうです。

冷静さを取り戻した様子

「チャンク・チャンクは抱っこが好きなようで喉を鳴らしてまるで赤ん坊のように甘えてきます。どうやら私のことを覚えていたみたいです。」と語るレニーさん。

これからチャンク・チャンクを動物病院に連れて行き、マイクロチップなどで身元の確認、健康状態のチェックを行ってもらうそうです。その後、愛犬と仲が悪くなければ、家族の一員として迎えるようにしています。

幸せな日々を迎えるのも、そう遠くはない

あのまま屋外で放って置かれていたら、おそらく二度と元気な姿を見ることはできなかったでしょう。寒く辛い時期を乗り越えてチャンク・チャンクに訪れた光り輝くような春。これから彼女は、平穏で心休まる日々を過ごしていくことができそうですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

消えゆく命を抱えながら、おばあさんが望んだこととは?

笑い

【素朴な疑問】ちょっとお聞きしたいのですが・・・

【偶然のアート】最近話題になったどうぶつツイート25選

画像まとめ

置き去りにされ、必死に飼い主に縋ろうとするピットブル

笑い

【可愛い、、、!!!】話題の面白くてカワイイどうぶつ画像22選

笑い

最近ツイッターで話題のおもしろ動物画像

飼い主さんに多くの愛を与えているワンコとニャンコ

最近盛り上がった癒される動物ツイート

ネットで人気を集めたかわいい動物画像(23枚)