「手に負えない」という理由で飼い主から手放された"狼犬"

狼と犬のミックス、「狼犬」。とても大きく、怖そうな見た目だけど…?

[2019-03-13]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
こちらは、狼犬(ウルフドッグ)のユキ。


DNAのうち87.5%が灰色オオカミ、8.6%がシベリアンハスキー、3.9%がジャーマンシェパードのミックスです。
体重は約54kgで、写真だと実物よりもさらに大きく見えます。
ユキの画像はネットで広まり、狼犬のこれまでの歴史を広く知ってもらう機会にもなりました。



ユキはレスキュー『Shy Wolf Sanctuary』に保護されました。
元飼い主は、ブリーダーからユキを買い取ったものの手に負えず、8ヶ月のときに殺処分率の高いシェルターに入れてしまったのです。


そこへレスキューが救助に駆けつけ、ユキは殺されずに済みました。
ユキが救助されたのは2008年。比較的健康状態は良かったそうです。


しかし足を怪我しており、トータル5回の手術を受けて治療しました。
見た目は少し怖いですが、ごく少数の人には心を開いています。
狼犬は個人で飼うのは難しいとされています。


レスキューはボランティアたちと協力し、野生動物についての教育活動を行なっています。
普通の狼は、人に近づこうとせず、攻撃的になることもありません。
しかし狼犬はミックスなので、狼または犬の性質からは予測できない行動をすることもあります。
ユキはあまり社交的とはいえず、初めて会う人で気に入らなければ攻撃的になることがあります。
ユキはサンクチュアリで今最も個性的な動物です。
仲良くなるのは容易ではありませんが、何人かのボランティアとは良好な関係を保っています。
残念なことに、昨年ユキは血液がんと診断されました。それも、もう末期だというのです。
ボランティアたちは、ユキとお別れするその日まで共に過ごす時間を大切にしています。



生まれてから困難な経験をたくさんしてきたユキですが、たくさんの人の優しさに包まれて、穏やかな最期を迎えられるといいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

【こうなりたい】ネットで盛り上がった動物の画像ツイート

画像まとめ

【あっ】ネットで話題の癒されるどうぶつツイート28選

先住猫の心を掴むべく、全力で猛アピールした子猫♪

突然姿を見せなくなった3本足の猫。数年後、ついに夢が叶いました。

驚き

フォトショップを使って身の回りのものを猫化させてしまった、猫好きの女性

【犯にゃんであろう猫】Twitterで話題の可愛くてほっこりする画像、動画まとめ

画像まとめ

【パッツンパツン】人気になったかわいい動物ツイート

画像まとめ

【守りたい、この笑顔・・・】ツイッターで話題を集めたなごむ動物画像まとめ

【シンクロ率100%】人気を集めたおもしろ動物の画像ツイート