【感動の実話】飼い犬がアルツハイマーの父親にもたらしてくれた奇跡と別れ

[2019-02-27]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
重度のアルツハイマーを患っていた高齢の男性は、撮影者の父親です。
症状が進むにつれ会話するための単語や言い回しが脳内から消え去ってしまっている状態。
妻とすら会話することが難しくなってしまっていたのです。

事態を重く思った娘さん(撮影者)は、自身の愛犬を引き合わせることにしました。
すると、男性はワンちゃんと少しずつコミュケーションをとろうと意欲を出してくれたのです。

話すという行為が難しくなっていた

この時、お父さんはアルツハイマー型認知症を患っていたそうです。
そのため、会話することすらままならなかった状態だったと家族は振り返ります。

これは父親と飼い犬に起こった出来事

「おやおや、わしのところへ何か持ってくれたのかい?」

尻尾をぱたぱたさせながら耳を貸す

「ああ、気の毒になあ。わしが持ってるのはこれだけだ。よかったら面倒を見てくれんか?」

すっかり心を許したみたい

2014年の4月に撮影された、この動画は、世界中に広まっていきました。
そして、世界の至るところから温かい励ましの声が届いたそうです。

それから3ヶ月後、男性は帰らぬ人となってしまいました。
男性にとって、おそらくこの数ヶ月は安らぎのひと時となったことでしょう。
【投稿者からのメッセージ】
ご両親が健在ならば、話を聞いてあげてください。
いつ最期の時が訪れるかは誰にも分からないのです。
アルツハイマーの父親に生きる希望を与えてくれた存在
動物の力って私たちの考えも及ばない奇跡をもたらしてくれますね~。
この男性は、娘さんの愛犬と出会わなければ、生きる希望を感じることはなかったでしょう。
しかし、愛犬と出会ったことで、生きていく喜びを感じ、その生涯に幕を閉じました。
悔いのない人生などはありませんが、両親には精一杯の感謝を伝えていきたいものですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

野良猫一家が新しい家族を見つけるまで

驚き

未熟児で余命いくばくもないと言われたロバが元気になったワケは?

【カップ麺にゃんこ参上!】Twitterで話題の画像まとめ

「必ず迎えに来る」と言った飼い主は、二度と姿を現すことはなく…

強い精神力を持つ、テディベアのようなお耳の子猫♪

おもしろからかわいいまで!人気の動物系画像ツイート 20選

【注意事項】人気を集めたおもしろ動物の画像ツイート

【絶望…】ツイッターで人気を集めたなごむ動物画像

キャットニップを前に衝動を抑えられないニャンコたち