歩けない猫が出会ったスペシャルなママ

生まれつき足に麻痺があり、母に捨てられてしまった猫。その子猫を救ったのは…

[2019-02-26]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
地域のレスキューグループに助けられた、特別なケアが必要な猫。


あまえんぼうなその猫にぴったりのママが現れました。
アラスカで保護された3週の猫、ハープア。
後ろ足を動かすことができず、母猫に捨てられてしまったようです。



シェルターに入ったハープアでしたが、足の麻痺に加え、自分で食べることすらできない状態でした。
ボランティアは2〜3時間に一回ごはんを食べさせ、小さな猫が元気になるよう支えました。
レントゲンを撮ったところ、足のケガ自体はすでに治っていることがわかりました。
つまり、足が動かないのは生まれつきである可能性があります。



それでもハープアは生きるために一生懸命闘っていました。
ハープアは抱っこが大好きで、好奇心旺盛な子猫です。


ボランティアはそんな子猫のために、ふわふわの毛布とママに見立てたぬいぐるみを置いてあげました。
でも、ハープアはそれでは不満なようです。
そこでボランティアのシャノンさんは、飼い犬のシンダーと会わせてみることにしました。


シンダーはとても穏やかで優しい犬です。
思った通り、ハープアのこともすぐに受け入れてくれました。
シンダーは今までたくさんの犬や猫と接してきました。


その度に、まるで里親のママのように優しく見守ってきたのです。
ハープアは大喜びでシンダーにくっつき、のどをゴロゴロ鳴らしています。
ハープアの体は大きく成長し、足につけるカートを付けることになりました。


カートを使えば、足が不自由でも動き回ることができます。
ハープアががんばった後は、必ずシンダーが足をなめてあげます。


そんな愛情深いお母さんのような存在のシンダーに、ハープアはぎゅっとくっついて甘えます。
ハープアは現在6ヶ月。保護された頃と比べると、だいぶたくましく成長しました。


でも、大きくなっても相変わらずママのシンダーにくっついてばかりです^^
犬のママのおかげで、立ち直ることができたハープア。


子猫にとって母の存在は重要です。シンダーは、そんな重要な役を立派につとめあげたのでした!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

驚き

ハムスター用にとんでもないものを作ってしまった!!!【動画付き】

笑い

【最高に輝いてる】人気を集めた可愛いのに面白い動物画像まとめ

笑い

ツイッターで話題になった笑える動物画像

笑い

【ねこは食べることと寝ることとあそぶことが大好きです】人気になったおもしろ動物画像(24枚)

感動

ぽっちゃりネズミが抜け出せなくなった時、人々がとった行動とは…

笑い

【ごはんちょーだい!!】最近ツイッターで話題の動物画像まとめ

ツイッターで話題のおもしろどうぶつ画像

夫婦用のベッドだと思って期待していたら、違った…

◯◯したいvs◯◯したくない!!両極端なペットたち