里親として預かっていた犬を本当の家族にできると知り、泣き出すお父さん

韓国で保護された1匹の犬。その後はアメリカに行って飼い主を探すことになっていたのですが…

[2019-02-23]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
韓国の自動車修理工場に迷い込んできた、犬のトビー。飼い主から捨てられてしまったのです。


シェルターに保護されましたものの、室内のケージには空きがなく、外の小屋で真冬の寒さに耐えなければなりませんでした。


その後、トビーは幸いレスキュー『Band For Animal』に助けてもらうことができました。
アメリカに飛んで飼い主を探す前に、しばらく韓国の安全な家で過ごすことになったのですが・・・?
アン・ホアンさんは、2匹目の犬が欲しいと思っていました。
しかしホアンさんの夫は「しっかり世話できるかどうかわからない」とためらっていて、まずは里親としてレスキューされた犬を預かってみようということになりました。



そしてトビーがホアンさんの家にやってきたのですが、最初はものすごくこわがっていました。
クレートの中からなかなか出ず、やっと出てきたもののかなり緊張していました。そしてじっと家族を見回しました。


ホアンさん一家は我慢強くトビーのことを待ち、そして愛情深く接しました。
すると、トビーはようやく「ここは安全な場所だ」と認識できたようです。
ホアンさんの夫は神経質なので、里親としてトビーを育てることに不安を持っていました。


しかし、トビーが一番になついたのがそのお父さん。
となりに座ると、とても安心できるみたいです。
すっかり心を開いたトビー。家族はそんなトビーのことがかわいくて仕方ありませんでした。


この家にやってきてまだ1週間なのに、ペットのチャーリーとも大の仲良しになりました。
でも、トビーのことは里親として一時的に預かっているだけ。すぐに別れのときがやってきます。


ホアンさんは、夫とトビーがお互いにかけがえのない存在になっていることに気づいていました。
トビーがいなくなったら、きっとひどく落ち込むだろうと思いました。
ホアンさんは、トビーをそのまま引き取ることに決めました。
ただし夫にはサプライズで知らせようと、こっそりレスキューに連絡を取り、手続きを済ませておきました。



そして、レスキューからのお知らせとしてその事実をカードに記し、渡してみると・・・
あまりに感激したホアンさんの夫は、思わず泣いてしまいました。
それまで、人前で泣いたことなどめったにありません。


それくらい、トビーとこれからもずっといっしょにいられることがうれしかったのでしょう。
お父さんの涙を見て、家族はみんなもらい泣きしてしまいました。



こんなに愛してくれる家族が見つかって、トビーは本当に幸せ者です!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【おめめまんまる】ネットで人気を集めた笑えるどうぶつツイート

感動

線路を徘徊していた犬を救出したら、実は飼い犬だった!!!

画像まとめ

路上で保護された1匹の野良犬。6匹の子犬を出産し、そのうちの1匹の毛が緑色?

【人間の男の子っぽくてめちゃ可愛い】人気になったかわいい動物ツイート

笑い

最近ツイッターで話題のかわいい動物画像20選

画像まとめ

「手に負えない」という理由で飼い主から手放された"狼犬"

笑い

【決定的瞬間】ネットで話題を集めた笑える動物画像(22枚)

笑い

ネットで話題になった笑える動物ツイートまとめ

笑い

最近人気を集めたなごむ動物画像