唯一生き残った赤ちゃん猫の父親になった猫

他のきょうだいはみんな死んでしまった…体重わずか71gの子猫を救ったのは?

[2019-02-21]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
きょうだいの中で唯一生き残った子猫に、新しいお父さんができました。
1週間前、猫クリニック『Nova Cat Clinic』に生まれたばかりの子猫についての連絡が入りました。
きょうだいのうち、生き残ったのはその猫だけ。すぐに治療が必要な状態でした。



レスキュー『Animal Welfare League of Arlington』のボランティアが世話をしていましたが、病院の助けが不可欠と判断したのです。



クリニックに運ばれた子猫は、まず抗生剤を投与されました。
体重が著しく軽く、チューブで栄養を与えなければいけませんでした。
体重はわずか71g。そんな小さな体でも、生きるために一生懸命闘っていました。


何よりも、自分の体を温めてくれるお母さんを求めているようでした。
病院の職員であるエレンさんは、ベニーというオス猫を飼っています。
ベニーは、これまで家にやってきたたくさんのレスキュー猫を受け入れ、お父さんのように接してきました。



そこでベニーを子猫に会わせてみると・・・
やっぱりベニーはすぐに子猫に近づき、愛情深く接し始めました。


体をなめてきれいにする様子は、まるでお母さんです。
子猫は体温を一定に保つために保育器に入れられましたが、それでもベニーの「お父さん」ぶりは止まりません。


子猫のいる保育器のそばで過ごし、一晩中寄り添いました。
保育器から子猫が出されると、またすぐに体をなめ始めました。
獣医チームによる治療とベニーからの愛情のおかげで、子猫は日に日に元気にたくましくなっています。
保護から1週間で、子猫の体重は2倍に増えました。



アドラと名付けられた子猫は、ようやく目が開き始めました。
生まれてすぐに窮地に陥ったアドラでしたが、たくさんの人の助けによって見事に生き延びて見せました。



そして何より、アドラを救ったのはお父さんのベニー。
母もきょうだいもいないアドラにとって、ベニーはかけがえのない存在です。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

ピンクの犬小屋と一緒に捨てられた犬

感動

犬を救助していたつもりでいたのに…まさか、まさかの事態に!!!

画像まとめ

自然に帰れなくなったピューマが家の中で暮らすことに

笑い

ネットで話題の笑える動物の画像ツイート23選

感動

父が告げた永遠の別れと忘れ形見の愛犬までもが…

話題になったかわいいどうぶつ画像まとめ

笑い

【素敵な「はじめまして」】最近ネットで話題を集めたなごむ動物画像24選

話題を集めたなごむ動物画像(20枚)

笑い

【誰やお前…】思わず突っ込んでしまう動物ツイート25選