雪の上で丸まっていた野良犬

愛犬の散歩で発見された、弱々しくなっていた野良犬。連絡を受けてレスキューするも、トラウマを抱えており・・・

[2019-06-14]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
雪のベットの上で、クンクンと鳴いていた1匹の野良犬がいました。
その野良犬は、電柱の横の雪の上で体を丸めていました。そう話すのは、レスキュー団体「Stray Rescue of St. Louis」のマネージャーであるナタリー・トーマスさん。
「Stray Rescue of St. Louis」はとある女性からの連絡を受け、犬の捜索にチームを派遣しました。女性によると、彼女の息子さんが犬の散歩の途中の路地で弱っている犬を見つけたというのです。

レスキュー隊がその犬を発見したとき、ナタリーさんはその瞬間を携帯で写真に収めました。目を大きく開けたその野良犬は、ナタリーさんが近づくと、疲労困憊状態ながらも助けを求めて弱々しく鳴いていたといいます。
レスキューは、ウィーザーと名付けたその犬を施設に連れて帰りました。ですが可愛そうなことに、ウィーザーは恐怖で体が震えて、叫んでしまう状態だったのです。
すぐさま団体のトラウマセンターに移送されたウィーザー。
彼が落ち着きを取り戻すと、獣医がやってきてウィーザーの鼻に安心するようキスをしてあげました。検査をしたところ、ウィーザーにはマイクロチップなどはなく、腕の下に大きな怪我を負っていることが分かりました。

どうやらハーネスかロープのようなものを身につけていたと推測されます。発見時は何も身に付けていなかったものの、それがきつすぎて傷が出来たと思われました。
その後、居心地の良いベットで休んだウィーザー。そして、彼が辛い過去から回復できるようレスキューは、彼の面倒を見てくれるボランティアスタッフを手配したのです。
ウィーザーは現在、ボランティアスタッフから家族の一員としてたくさんの愛情を注いでもらっています。ウィーザーを見ているママさんは、ソファの上でたくさん触れ合うようにしています。ソファの上にママと一緒にブランケットをかけているのが大好きなウィーザー。

彼が経験した痛くて辛い過去は、1日でも早く忘れて幸せになって欲しいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

新入りの猫が鳴くと、すぐに駆けつける犬たち

笑い

やる気スイッチが見当たらないペット達

感動

野良犬のチャーリーが感じたヒトの印象!ボクを轢いたヒト、助けたヒト

感動

初対面のはずなのに、大規模なマーケットで、突然、じゃれ合い始めたワケとは?

夜に出会ったカップルの家に入りたがる猫

笑い

【犬の方でも】人気を集めた笑える動物画像

【カップルかしら♡】SNSで話題になったなごむ動物画像(23枚)

画像まとめ

毎月愛犬といっしょに写真を撮る女の子

画像まとめ

4年間行方不明になっていた犬。奇跡が起こり、パパとの再会を果たしました。