盲目のワンコを介抱する心優しきニャンコ

[2019-01-19]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
糖尿病が原因で目が見えなくなってしまったワンコのブルース。
ブルースを傍でじっとお世話しているのは、ニャンコのジム。
ジムが幼い頃から一緒に暮らしていたため、両者の絆は深いのです。
いったいどれほどジムがかいがいしくお世話しているか、ご覧ください。

どこにでもいそうなニャンコとワンコだが…

実は、ワンコは目が全く見えません。

場所を確かめるかのように座るワンコ

優しく労るニャンコ

目の周りをペロペロ

心配するなとでも言っているかのよう

首の周りも丁寧に

ゆっくりとケアを

盲目のワンコをケアするニャンコ
まさかニャンコが、こんなにも世話焼きだとは意外でした!
それだけお互いをよく知っているからこそ、お世話をしたいのでしょうね~。
ある意味で兄弟のような関係なのかもしれません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

赤ちゃん用のおもちゃを自分のものだと勘違いしている猫

ネットで話題の笑えるどうぶつツイート

【すんげぇ微妙な顔…】SNSで話題を集めた笑える動物ツイート

独りで路上にいたギブスの子猫

画像まとめ

お隣の家に恋をしたゴールデンレトリバー

【柴犬さん「これから一緒に寝ますよ!」】人気を集めた笑える動物画像

笑い

【ひどい顔(笑)】ネットで話題になったかわいい動物画像24選

【多摩動物公園では以前スパルタ母さんが息子に飛び降り訓練を実施してました】話題を集めたほっこりする動物画像24選

驚き

犬飼ったつもりだったんだけど、シロクマだったかも!?