もう残された時間がない保護犬

とても人懐っこい、温厚でお利口さんの保護犬ハニー。彼女を引き取ってくれる人が現れない限り、安楽死処分されてしまうと、シェルターのスタッフは最後の助けを求めてFacebookに訴えました。そして・・・

[2019-01-13]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
クリスマスイブに野良犬として保護され、ニューヨークのブルックリンにあるシェルター「Animal Control Centers of New York 」にやってきたハニー。シェルターは、ハニーのことを最も愛嬌ある犬と紹介してきました。しかし、悲しいことに彼女を引き取りたいと思ってくれませんでした。
ハニーは、長い間路上で生活してきた野良犬のような振る舞いはしません。よく躾けられて、とてもお行儀よく人懐っこいところを見ると、飼い犬だったことが分かります。

なぜ彼女が路上生活をするようになったのか、それは誰も分かりません。しかし、彼女は愛される暖かい家で幸せになるべきわんちゃんなのです。
初めて会う人にもよく懐くとシェルターのスタッフはFacebookに投稿しました。ただ彼女を見つめるだけで尻尾を嬉しそうに振るハニー。

撫でてもらっているときも、前屈みから我慢ができなくて前足を乗せてきてたくさんキスをしてくるのと説明したスタッフ。リードを繋げても扱いやすく、おやつに大興奮してもとても温厚だと。
一方で残念ながらシェルターには、次々と新たに保護された犬たちがやってきます。そのため、ハニーに残された時間はもうありません。誰かが手を差しのばさなければ、彼女は今日、安楽死させられてしまうのです。

8歳のシニアであるハニーには、シニア犬の経験があり、責任持って面倒を見てくれる人が望ましいと、シェルターのスタッフは切実な思いをFacebookに投稿しました。
すると、レスキュー団体「Must Love Dogs 」の広報がハニーをシェルターから引き取るとFacebookにコメントしたのです。彼女は老後を女王のように過ごすべきで、それが同団体の目標だと。

シェルタースタッフの熱意が伝わり、間一髪でハニーは安楽死されることなく、救われました。これからは、将来の心配せずに幸せな余生を過ごすことでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

【よっこらしょ!】ツイッターで人気のおんぶ大好き「おんぶ犬」特集♪

【とろける~♡】ネットで人気を集めた動物おもしろツイート25選

【モフい!超モフい!】Twitterで人気のモフりたくなる動物たち

スッポリと隙間に収まるのが大好きな猫ちゃんたち

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選

アメリカとメキシコの国境付近で見つかった猫

驚き

スタイリッシュな姿をした動物たちを知っていますか!?〇〇〇によく似ているんです

豆柴でほっこりしませんか!?インスタにアップされてる中から厳選した24枚

野良猫のために飼い主を探そうとしていた女性。でも猫の考えは違ったようで…?