特別な症状を抱える子猫が、助けてくれた大好きな人に抱きついて離れない!

頭にやわらかい部分があり、水頭症であることが判明した幼い猫。今後のために、大きな手術を受けることになりました。

[2018-12-31]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
こちらの小さな猫・テート。


フィラデルフィアの路上で保護され、地域のシェルターに入りました。
シェルターには、まだミルクが必要な幼い猫のための十分な設備がありません。


そこで、ニュージャージーのレスキュー『Kitkat Playroom』が救いの手を差し伸べ、テートを迎えに行きました。


テートは生後2週間で、ガリガリに痩せて骨と皮だけの状態でした。
お腹がペコペコだったみたいで、哺乳瓶を口に近づけるとすぐに吸い付き、ゴクゴクと飲み干してしまいました。
世話をしていたジェンさんは、テートの頭にやわらかい部分があることに気づきました。


神経科の診察を受けたところ、水頭症であることが判明したのです。
そこで、調整シャントを脳内に埋め込む手術を受けることになりました。
手術を終えると、テートはよく食べ、よく動くようになりました。


成長に応じて脳内のシャントが水分を逃がすため、これ以上の手術は不要です。
14週になったテートは、他の猫と同じように走り回り、いっぱい遊んで過ごすようになりました。
テートはどんどんあまえんぼうに育ち、世話をしてくれるジェンさんにべったり!


抱きついてのどをゴロゴロ鳴らします。
手術から6週間経った診察では、あまりの回復ぶりに獣医は驚きました。

難病にも負けず、テートはすくすく成長しています。
愛情をたっぷり注いでくれるジェンさんがいつもそばにいてくれるから、テートはのびのび自分らしく暮らすことができます。
お昼寝のときは、いつもジェンさんの顔の上!
それに、テートの進歩はいつもジェンさんを驚かせます。


前は階段を一段も上ることができなかったのに、ある朝、2階まで自力で上ってきたのです!
水頭症であっても、テートは他の猫と同じように元気に暮らしています。


誰よりもジェンさんのことが大好きなテート。
いつも抱っこしてもらって、幸せな毎日を過ごしています♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【夕方嫁から送られてきた画像】人気を集めた癒されるどうぶつツイート

笑い

ネットで話題を集めた笑える動物ツイート23選

【キャラ崩壊】最近人気を集めた笑える動物ツイート20選

感動

全てが愛おしい時間!ワンコたちのビフォーアフター

家の前の看板を見た女性は

笑い

ツイッターで盛り上がったなごむ動物画像

あっと驚く!フリーダムすぎるペットたち

飼い主さんがお出かけする準備を始めたら拒絶反応を示すペットたち

【いやーーーっ!!】ネットで人気を集めた動物おもしろツイート25選