真の飼い主を7年以上も待ち続ける犬

二度も三度もシェルターに戻されてしまったブルドッグミックスのシュガー。優しいボランティアたちに囲まれ、シェルターでの生活に不満はないようですが、スタッフたちはこのかわいい犬にぜひ飼い主が見つかってほしいと望んでいます。

[2018-12-27]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
シェルター『Humane Society of Greater Miami』で生活している9才のアメリカン・ブルドッグミックス、シュガー。


合計7年半ものときをシェルターで過ごしてきました。
なかなか飼い主が見つからないのは悲しいことではありましたが、シュガーはシェルターでの生活にそこまで強いストレスを感じいるわけではないようです。


シュガーのことを気にかけてくれるボランティアさんがたくさんいて、いっしょに過ごしたり、散歩に連れていってくれたりしているからです。
シュガーがシェルターに入ったのは、2011年5月。1才の幼い子犬だった頃です。


2ヶ月後に飼い主が決まり、引っ越していったのですが、残念ながら2012年6月にまたシェルターに帰ってくることとなりました。
家の契約の問題が原因で、犬を飼えなくなったそうです。


その後、幸いにも翌日にまた新たな飼い主が現れてくれました。スタッフは、今度こそシュガーが幸せになれると思っていましたが、3年半後またシェルターに戻されてしまったのです。
飼い主が住む家を失ったから、という理由だったそうです。おそらく何らかの事情でホームレス状態になってしまったのでしょう。



それから2年経った2017年7月、次の飼い主のもとに移りましたが、今度は3ヶ月で返されてしまいました。
「あまりにも注意を引きたがるから」ということでした。
シュガーほど何度もシェルターに返されてしまう犬はなかなかいません。



シェルターに帰ってきたシュガーは、それまでと何ら変わらない様子でした。
「3ヶ月のお休みが終わって、我が家であるシェルターに帰ってきたんだ」という気分だったのかもしれません。
「シュガーをずっと大事にしてくれる飼い主が現れてほしい」と、スタッフの誰もが願っています。



シュガーはとてもかわいくて人なつこく、素晴らしい犬なのです。
スタッフからとても好かれているシュガーですが、シェルターを訪れる人にはなかなか興味をもってもらえません。
自分だけをかわいがってくれる家族のもとで、ずっと幸せに暮らす・・・


シュガーにそんな日が訪れることを、スタッフ一同願っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

最近ツイッターで話題のおもしろ動物画像

画像まとめ

【帰りたくない…】最近SNSで人気を集めたどうぶつ画像

笑い

【人間味溢れる】最近ネットで人気を集めたなごむ動物画像21選

感動

人間を警戒する野良猫に対し、近所に住む2人の兄弟が数か月間愛を与え続けた結果…。

感動

両目を失い、盲目になった猫が、1人の女性との出会いをきっかけに幸せを手に入れる。

笑い

話題の面白くてカワイイどうぶつ画像22選

笑い

自分の過ちを指摘されても素直に聞き入れることができないハスキー犬【動画付き】

【働きもの】の猫ちゃんたち♪

笑い

【意外と落ち着くのにゃ】話題になった笑えるどうぶつ画像