救助したのは特別な猫。女性は猫が立ち直るのを助け…

口蓋裂や見えない目…いくつもの困難を抱えながら、路上で生き残っていた猫

[2018-11-25]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
猫のウォルフィーは、生後10週間でマサチューセッツの路上を歩いているところを保護されました。おそらく虐待やネグレクトが原因で、ガリガリに痩せ、全身にけがを負った状態でした。


また、先天性の口蓋裂、片目が見えないという特徴も持っていました。
レスキュー『The Odd Cat Sanctuary』創設者のタラ・ケイさんがウォルフィーをシェルターから引き取りました。



ウォルフィーは着くなりなでてほしそうに甘え、暖かい屋内で過ごせることを喜んでいるようでした。
外で生活しているときは、食べ物を探し回ったり、他の猫と取り合ったりしていたウォルフィー。もうそんな苦労をする必要はなく、自分専用のボウルで思う存分食べることができます。



そして、隙あらばタラさんの腕の中にもぐりこみ、嬉しそうにくっついて過ごします。
弱っていた体もだいぶ回復しました。
その後、見えない方の目を取り除く手術を受けることになりました。
それまで過酷な生活を送ってきたウォルフィーですが、人を嫌いになることなく、明るく過ごしています。



片目しか見えなくて不便なはずですが、遊ぶのが大好き♪
無事に眼球除去の手術を乗り越えたウォルフィー。術後すぐにのどをゴロゴロ鳴らしていて、リラックスしている様子でした。
辛く苦しい生活をしてきたウォルフィーですが、ようやく快適な部屋で穏やかに暮らすことができ、とても幸せそうです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【ニャンとも可愛らしいカップル】人気を集めたなごむ動物ツイート

【可愛すぎて閲覧注意】最近話題になった動物ツイート24選

【いかがですか、ご主人。】ネットで盛り上がった動物の画像ツイート

驚き

ティッピ・ヘドレンの誰もが驚くペットの正体とは?

血の分けた家族に見捨てられた盲目の子猫

笑い

【猫のパーソナルカラー】SNSで人気になったなごむ動物画像

飼い主さんに多くの愛を与えているワンコとニャンコ

【どうしてこうなった(笑)】SNSで話題になったなごむどうぶつ画像

笑い

諦めない精神は凄いけど…?!プリズンブレイク失敗なペット達