「必ず迎えに来る」と言った飼い主は、二度と姿を現すことはなく…

6才でシェルターに入った犬。それから2年以上も進展はなく…

[2018-11-14]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
2016年5月、ニューヨークのシェルター『Babylon Animal Shelter』は6才のピットブルミックス・リンゼイを保護しました。



その数日後に一人の女の子がシェルターにやってきて、「リンゼイはうちの犬だ」と言うのです。最近、家からいなくなってしまったのを探していたとのことでした。
女の子は、リンゼイを迎えに来ていいかどうかお父さんに聞いてみると言って帰っていきました。



しかし、残念ながらその子は二度と来ることはありませんでした。
リンゼイはとても穏やかでかわいい性格。元の飼い主からは見放されてしまったものの、必ず新しい飼い主が見つかるだろうとスタッフは信じていました。



しかし、リンゼイはそれから2年以上もシェルターにとどまることとなるのです。
8才になったリンゼイ。年齢や見た目が原因なのか、なかなか興味を持ってもらえません。



さらに、長い間シェルターにいるため「何か問題があるのではないか」と思われてしまい、悪循環になっています。
動物にとってシェルターは居心地の良い場所とは言えませんが、リンゼイはとても元気に暮らしています。



世話をしてくれる人との触れ合いを楽しみ、幸せそうにしています。
いつもしっぽを振って注意を引きたがる、人なつこいリンゼイ。



スタッフは、リンゼイをかわいがって愛情を注いでくれる家族が一刻も早く見つかることを願っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

生まれる子猫のために家を探す母猫

最悪の場所から見つかった犬…その後運命がガラリと変わる!

ネットで人気を集めたどうぶつツイート20選

笑い

【エイシャーーーっ!!】SNSで人気になったなごむどうぶつ画像

笑い

最近Twitterで話題の動物画像25選

笑い

【ペットをブラッシングする夢が見られます】最近話題になった動物ツイート24選

画像まとめ

ちょっぴりかわいそう!ビックリしちゃったワンちゃん特集

【ハムハム教】ツイッターで話題のかわいい動物画像

【ねこ用コタツ】SNSで人気になったなごむ動物画像