わが子を救ってくれたレスキューにすり寄る母猫

ある女性のガラージの扉が故障し、閉めることが出来なった数日間。その間に野良猫がそっと忍び込み、子猫たちを生んだのです。その野良の親子を保護したところ、子猫が安全だと分かると母猫はスタッフにすり寄って甘えて・・・

[2018-11-12]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
数週間前、ニューヨークのブルックリンに拠点を置くレスキュー団体『 Flatbush Cats』の創立者であるウィルさんは、ガラージに野良猫がいるという連絡を受けました。彼のご近所さんは、ガラージの扉が故障にしばらく閉じることが出来ませんでした。そのため、数日間、そのご近所さんのガラージの扉は開いたままだったのです。
その間に、所有者に知れずそっと野良猫が忍び込み、ガラージの奥で3匹の子猫を生んだのです。数日後、扉を修理しようやく扉を閉められるようになると、外で不安げな顔をした猫を見つけたガラージの家主さん。そして、ガラージの扉を開けて、そこで初めて家主さんはそこに子猫たちがいることを知ったと言います。
連絡を受け、母猫と子猫を保護するためにそのガラージに行ったウィルさん。すると、母猫がウィルさんを迎えてくれたと言います。自ら人懐っこくウィルさんに近づいてきた母猫は、そのままキャリアの中に入れても抵抗しませんでした。

そして隠れている子猫も一緒に連れて行くため、母猫がいるキャリアをガラージの真ん中に置いたウィルさん。すると母猫の声につれられて、1匹、また1匹と母猫の元にやってきました。
この野良の親子は、それぞれポテト(母猫)、クリンクル、トット、シューストリングと名付けられました。そしてボランティアスタッフのアメリアさんがこの親子の面倒をみることになったのです。みんな必要な手当てとお風呂に入れてもらった親子。そして、もお風呂上りのわが子をぺろぺろとなめる母猫のポテト。
アメリアさんは、母猫たちが安心できるよう、静かな部屋を用意してあげました。そしてふわふわのベットの中で子猫たちが疲れ果てて眠ると、ポテトはアメリアさんの元にやってきて、人懐っこく甘えてきたと言います。ポテトがすぐにアメリアさんたちを信頼した証拠でした。
冬に路上で生まれた子猫達は、ほとんどの場合健康的ではありませんが、幸いにもこの子たちは健康的で、元気だと話すアメリアさん。
今では、ポテトは毎晩アメリアさんにすり寄って甘えているそうです。もうポテトも彼女の子猫たちも、もう外で不安な生活をする必要はありません。安全な場所でアメリアさんにいっぱい甘える生活を送っています。
ポテトも安心して子猫たちの育児をできますね♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

「bokete」に登場する面白い犬たち☆

笑い

SNSで人気になったどうぶつ画像

画像まとめ

犬のために作られたスペシャルスポット。今では地域の人に大人気

画像まとめ

ありえないくらい可愛いマカロン作りが趣味

【おいしそうワン♪】SNSで話題の犬用ケーキを前に幸せそうなわんちゃんたち

笑い

【しゅーてーん、終点だにゃー】最近ネットで話題になった笑える動物画像

感動

両脚に麻痺を抱えながらも、誰よりもたくましく幸せに生きる猫「レキシー」。

驚き

ドタバタコメディみたい♪ 動物カメラマンと動物たちの面白コンビ (25組)

【「ご主人様、これは新しいおもちゃかにゃ??」】人気を集めた笑える動物の画像ツイート22選