あらゆるもに怯えてしまうダルメシアン犬

ビウは子犬のころ、適切な予防接種を受けず致命的な病気、パルボウイルスに感染してしまいます。その後、幸いにも元気になったビウ。でもその代償は大きなものでした。

[2018-10-28]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ビウが子犬のころ、オンラインで購入したとある家族のもとにやってきました。しかし、それからすぐにビウはとても具合が悪くなってしまったのです。その後、家族はビウの治療費を負担することが出来なくなり、2月にイギリスの見るブルックにあるRSPCAの動物シェルターに預けられたのです。

ビウは、死に至る病気、パルボウイルスに感染していると、すぐにシェルターのスタッフは気が付きました。スタッフの一人、ジョスさんによれば、ネットやブリーダーさんから子犬ことをよくしらないまま購入し、きちんとした予防接種を受けていないために非健康的な子犬を購入している人が多いと言います。
パルボウイルスは、非常に感染しやすいもので、きちんとした治療を受けないと助かる可能性は非常に低くなってしまう病気です。シェルターのスタッフは、ビウを救うためには、あらゆることをしないといけませんでした。

他の犬に感染しないよう、ビウは隔離された部屋で過ごすことになりました。幸い他の犬に感染することもなく、ビウはパルボウイルスを克服しました。しかし、ひとりで隔離した空間にいたため、ビウは社会性などを身に着けることが出来ずにいたのです。
それが深刻な問題であると、シェルターのスタッフは当初気が付きませんでした。4月に新たな家族の元に引き取られたのですが、すぐにビウはシェルターに戻ってしてしまったのです。理由は、あらゆるものにビウが怯えてしまうから。ドアさえ、怯えて家の中に入るのも、出るのも嫌がったのです。新しい光景や音全てに怯えてしまうビウ。
そこで、シェルターのスタッフは実物大模型の家をセットし、そこでビウを過ごさせてあらゆる家電や音などに慣れさていくようにしました。なかなかうまくいかないこともありましたが、ビウは徐々にそれらに慣れていきました。ビウに自信を持たせて、新しい環境でも普通に過ごせるようになるまで、かなりの時間と努力を要したと言います。
そして、再びビウに里親募集する準備ができたました。そして、何年もダルメシアンをレスキューしているトルーディさんは自身で飼っていたダルメシアンの子を最近、2匹失ってしまったばかりでした。そんなときにビウのことを知った彼女は、すぐにビウに会いに行ったと言います。

そして、すぐにビウのことが一目で気に入ったのです。もうビウ以上に素晴らしい子には出会えないと話すトルーディさん。
家に連れて帰ると、ビウはまだ完全に恐れを消すことは出来ず、家の中に入れずにいました。しかし、トルーディさんは気にならなかったと言います。時が経てば、慣れてくれると信じ、しばらくはトルーディさんがビウを抱きかかえて家や車の出入りをしていました。

そして、トルーディさんが思ったとおり、ビウは新しい環境に慣れていったのです。
一か月後には、自分で出入りできるようになったビウ。その後、ペニーという妹もでき、ビウは彼女と一緒に外や家の中で一緒に遊ぶことで犬らしさを取り戻していったのです。

ビウはほぼ毎日、ママのトルーディさんの職場まで一緒についていきます。側にママがいる限り、ビウが乗り越え得られないものはありません。
トルーディさんはビウを引き取って、ビウに新しい家と第二のチャンスを与えることができ、とても嬉しいと語りました。

トルーディさんのもとで、失ってしまった子犬時代をもう一回やり直しして、いっぱい甘えるビウ。今度こそは本当の幸せを掴みましたね!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

その姿が眩しい☆いきいきわんこの写真集!

感動

中国の路上で"食用犬"として売られていた犬を買い取り、溢れんばかりの愛情を注ぎ続けた結果…。

【うっふん♡】ツイッターで人気のセクシーポーズをかましてくる猫ちゃんたち

【だがそれがいい!】ふてぶてしすぎるニャンコ様たち

【ハロウィンコスチューム】パグの魅力がわかる画像集

【バレてないよな…? からの ッパーーーン‼︎】ネットで話題の笑えるどうぶつツイート

こんなニャンコって誰も目にしたことがない!!!

感動

凍える犬に自分のシャツを着せてあげた男性!

【擬態化中・・・?】Twitterで話題!あるものに擬態しちゃった動物たち