足を怪我して弱り切った子猫

周りの人々が見向きせずに通り過ぎていく道の脇には、怪我をして動けずにいる子猫がいました。心優しいある女性が、弱り切って助けの声を上げられずにいた子猫を保護して・・・

[2018-10-04]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
約一ヶ月前、マレーシアに住んでいるJieyan Owさんは道端の脇で動けずにいる子猫を見つけました。近づいて確認すると、足を怪我して、声も出せないくらいに子猫は弱っていました。
また、付近に母猫らしき姿もありません。このままでは助からないと思った彼女は、子猫を抱き上げて保護しました。
足の関節を脱臼していた子猫は生後3週間と思われ、体重もわずか260gしかありませんでした。そこでJieyanさんは子猫の面倒を自分で見ることにしました。ですが子猫を育てた経験がないJieyanさん。Youtubeで子猫の世話の仕方を調べ、つきっきりで子猫の看病をしたのです。
2日間は子猫が怯えて食事を拒否したため、大変だったと言います。子猫の側に寄り添って不安を取り除くように優しく接してあげました。すると徐々に子猫はJieyanさんのぬくもりを受け入れるようになり、元気になっていきました。
ごはんもがつがつ食べるようになった子猫は、ベイビータイガーと名付けました。そして、すぐにJieyanさんに懐き、甘えるようになったのです。
獣医による治療で怪我した足も徐々に使えるようになり、完全に回復したあとは思いっきり遊ぶようになったベイビー・タイガー。
好奇心旺盛なベイビー・タイガーは、いつも構ってほしい甘えん坊さんです。大きな丸い瞳で見つめられてしまうと、たまりませんね!いつも寝るときには側にぴったりと寄り添ってもらうベイビー・タイガー。
現在、生後7週間になったベイビー・タイガーは、足の怪我もすっかり治り、今では走ったり、ジャンプしたりできるようになりました。
こんな小さな存在に心を奪われるとは思わなかったと話すJieyanさん。ベイビー・タイガーは、この優しいJieyanさんを手放さないとばかりに、彼女の後ろをいつもちょろちょろとついてきているそうですよ♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

ペンギンのヒナを守った、ヒーローらしからぬヒーローの正体とは…【動画付き】

笑い

SNSで人気になったなごむどうぶつ画像

新年を笑って迎えるための癒しの画像集

車の下から救い出した子猫

愛猫を追って見つけたのは、食肉処理工場で・・・

あり得ないようなお昼寝の友の正体とは…

森で見つかった一匹の猫。助けてくれた人につかまって離れない♪

話題を集めたほっこりする動物画像24選

笑い

【取り調べ中のベテラン刑事…】ツイッターで話題のどうぶつツイート21選