泥から救い出された小さな猫。助からないと思われていたが…

獣医に「助からない」と宣告されたが、里親は決して諦めることなく看病し…

[2018-10-01]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
6月、アイダホの田舎で2匹の子猫が見つかりました。


そのうち1匹は死んでしまい、もう1匹もかなり弱っていました。
猫を見つけたアナリースさんと母親は、子猫の母猫がいないか現場を探してみました。
すると、母猫がその場に姿を現したのですが、もう我が子に関心を示すことはありませんでした。


そこでアナリースさんは、母子猫を保護してレスキューに連れていきました。


帰宅すると、なんと家の下からまた猫の鳴き声が。
土を掘ると、衰弱しきった子猫が見つかったのです。
全身泥だらけで、口の中にも土が入り、コホコホと弱々しく咳をしていました。


その時間はもうシェルターも病院も閉まっていたので、アナリースさんは急いで農場に行ってミルクを分けてもらいました。


子猫の命をつなぎとめるため、一睡もせずに一晩看病しました。
ジェマと名付けられたその猫は、次の日獣医に「生き抜くのは難しい」と宣告されてしまいました。


安楽死すら勧められましたが、アナリースさんはジェマの命を決して諦めたくはありませんでした。
それから2週間、アナリースさんは全ての時間をジェマのために費やしました。


「ジェマを助けたい」という一心で、疲弊しながらも力を尽くしたのです。
つきっきりの看病で眠れない日々が続きました。


すると、ある日変化が見られ始めました。
ジェマはようやく元気を取り戻し、体重も増え始めたのです。


アナリースさんの看病のおかげで、見事に苦難を乗り越えることができました。
保護当時のボロボロの姿とは打って変わって愛らしい猫に。
家にいる猫仲間のノバ、ミロとも仲良しになりました。
ジェマが一番好きなのは、ずっと諦めずに一緒に闘ってくれたアナリースさんにくっついて甘えること。



ジェマは毎日すくすく成長し、恩人であるアナリースさんも喜んでいます。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【ファイティングポーズ】人気を集めたかわいい動物画像(21枚)

驚き

丑年にちなんでウシっぽい犬を探してみた

笑い

【野生はどこへいったの…】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像 30選

笑い

【キュン死注意】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像30選

感動

15年という長い時間を経ても変わらない、猫と青年の強いつながり

【風呂に入れやがってぇ!!】荒ぶる動物たち

ほとんど歯がないチャーミングな猫ちゃん♪

とっても癒されて笑える!!ネットで話題になったおもしろ動物たち大集合(30枚)

驚き

こんなことってある?!動物たちの面白おかしい奇跡の瞬間