新たな飼い主が見つかった犬だったが、そこは狭すぎる庭の一画で…

食べ物も水も与えられず、狭い場所で助けを求めながら孤独に生きていた犬

[2018-08-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
フロリダの動物レスキュー『Saving Sage Animal Rescue Foundation』の創設者であるレジナ・ヴラセクさんは、ある日フェイスブックで犬の画像を見て衝撃を受けました。




庭の狭い一画に押し込められ、食べ物も水も、屋根すらない場所で住まわされている犬の写真でした。
ヴラセクさんは犬の居場所を突き止め、現場に向かいました。近所の人によると、犬はいつも助けを求めるかのように吠え、庭の土を掘って脱出しようとしている様子だったそうです。


衰弱し、お腹をすかせ、ボロボロの状態でした。
ブラセクさんは犬をすぐに保護し、首輪についていたタグから情報を調べることができました。


犬はブロックという名で、昨年マイアミのシェルターに入っていました。その後今の飼い主に引き取られたようです。


しかし飼い主はブロックをかわいがるどころか、9か月間ものあいだ飼育を放棄し、庭に出して放っておいたのです。
ブロックは一旦マイアミのシェルターに戻りましたが、ヴラセクさんが里親としてしばらく預かることにしました。
低体重でしたが、食べ物さえ十分に与えればいいのであまり深刻に考える必要はありませんでした。


それよりも重要なのは、もう一度人間を信頼してもらうことです。
最初はヴラセクさんの家で少し戸惑いを見せていたブロックでしたが、今では家族にくっつくのが大好き!


ヴラセクさんの息子さんによくなつき、眠るときもいっしょにいたがります。
家族といっしょにいるのが好きでありながら、ひとりでお留守番もできます。


時間が経てば必ずだれか帰ってくる、と信じることができている証拠です。
里親として世話をするヴラセクさんは、ブロックのことをちゃんと気にかけてくれるような優しい飼い主が見つかることを願っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【そっちじゃないよ!】最近SNSで人気を集めた笑える動物画像

画像まとめ

コアラの赤ちゃんを救ったゴールデンレトリバー

画像まとめ

路上でさみしそうに鳴く迷子犬。やっと飼い主に見つけてもらうと…

画像まとめ

動物たちの姿に思わず頬を緩めてしまうかも!?

驚き

寒くなってきたので…思わず抱きつきたくなるモフモフなワンコたち 21枚

動物たちの寝顔に癒されたい人集まれ!寝顔の可愛い動物たち23選

【捕獲】人気を集めたかわいい動物ツイート

笑い

【やっほーい!!】最近ネットで人気を集めた動物ツイートまとめ

ツイッターで話題のどうぶつツイート21選