パピーミルから救出された気の毒なチワワ!犬らしい生活を取り戻すまで

[2018-08-09]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
少し大きめな舌が特徴的な9歳のチワワ(フレディー)が主人公。
彼女は生まれてからずっとパピーミルの狭いケージの中で生活してきました。

パピーミルとは、営利目的で仔犬を産ませるための施設です。
フレディーはこの世に生を受けてから、犬としての喜びを知ることのないまま生活を送ってきました。
きちんと食事を与えられることもなく、散歩に連れて行ってもらうこともありませんでした。

ついに動物愛護団体によって、保護されることが決まりました。
レスキュー隊員が目にしたフレディーの姿はボロボロでした。
隊員たちは、彼女におやつをたくさん与え、専用のベッドを与えてくれました。
しかし、ベッドを使ったことがないため、どうしていいか戸惑ってしまいます。

表情豊かなフレディー

ベッドの周りを行ったり来たりの繰り返し

使い方を教えてもらうと…

満面の笑みを浮かべるフレディー

里親の募集をかけると、里親になりたいという家族からの申し出があったそうです。
初めてのベッド
考えられないような劣悪な環境の中で生きてきたフレディー。
犬として残された時間は長くないかもしれませんが、これから楽しい生活が待っていることでしょう。
フレディーの幸せがずっと続いていきますように!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

モコモコの毛をした小さな猫。里親のもとを離れようとせず…

笑い

【和みますねぇ~】最近Twitterで話題のなごむ動物画像24選

ツイッターで話題のかわいい動物画像

【怒ったぞ!!】SNSで人気になったどうぶつ画像

寒い外で見つかった子猫たち。助けを求めてにゃあにゃあ鳴き…

オフィスの外にいた野良猫にエサをあげていたが…

驚き

模様ですニャン♪ 珍しい模様がインパクト大のニャンコたち

山火事でペットと離れ離れに。しかしSNSで変わり果てた姿の愛犬を発見し…

【癒され度100%♡】ネットで人気を集めた動物おもしろツイート25選