飼い主を亡くした猫は、その後ぬいぐるみを抱きしめて離さず…

シェルターにやってきた猫は、猫のぬいぐるみを持っていた。その理由は…

[2018-07-04]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
16才のシニア猫・フーニー。お気に入りのぬいぐるみとともにシェルターに入りました。


かつての飼い主にもらったそのぬいぐるみを、いつもそばにおいています。
フーニーを長年かわいがってきた飼い主は、残念ながら亡くなってしまいました。飼い主のお子さんたちは猫アレルギーなので飼うことができず、『Alley Cat Rescue』に連れてくることになったのです。


そのときからずっとそばにいるのがこのぬいぐるみ。フーニーと同じくらいの大きさの猫のぬいぐるみです。
このぬいぐるみはフーニーの一番のお気に入り。ほつれたり破れたりしているので、最低数年間は使っているようです。


いっしょにいると、かつて住んでいた家と飼い主を思い出すのかもしれません。
現在フーニーは『Alley Cat Rescue』の本部にいて、スタッフが世話をしています。
こんなにぬいぐるみが大好きな猫は、スタッフも見たことがないそうです。
フーニーはひとりでいるとニャアニャアと鳴いていて、誰かが部屋に入ってきてくれると鳴き声はピタッと止まります。


人といっしょにいるのが好きなようです。
フーニーとそのぬいぐるみがシェルターに来て一週間。窓から車を眺めたり、ぬいぐるみといっしょに眠ったり。

スタッフのサポートを受けながら、穏やかに生活しています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【まるでリスのよう】ネットで盛り上がったどうぶつツイート24選

【むぎゅっと】人気を集めた動物の画像ツイート

驚き

見慣れた猫がとっても小さく感じられてしまう不思議

画像まとめ

ブランケットで身を包み込んでいた、チワワのシニア犬

画像まとめ

ゴールデン・レトリバー、ブルーの日常を追ってみた!

感動

九死に一生を得たワンちゃんの物語!その時、女性が気付いてくれていなかったら…

もう一度歩く力を取り戻したシニア猫。助けてくれた人に抱きつき…

画像まとめ

飼育放棄されたウサギがどうなるか…その答えが分かる写真がこちら。

画像まとめ

プールの中で立つことを覚えたわんちゃん♪