武装したギャングに襲われた警察官。死を覚悟した瞬間に相棒の警察犬が現れ…

武装した集団に襲われて森の奥に引きずり込まれた警察官。「もうダメかもしれない」と思ったその時…

[2018-05-06]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
『犬は人類の最良の友である』という言葉があるように、私たち人間は様々な場面で犬という動物に助けられています。
身体が不自由な人をサポートする「補助犬」、災害で行方不明になった人を探し出す「災害救助犬」、病気や障害を持つ人の心を癒す「セラピー犬」等、その種類は様々ですが、今や私たちの生活は彼らのような使役犬に支えられていると言っても過言ではないのです。

警察犬「ルーカス」

こちらの写真に写っているのは、米ミシシッピ州で警察犬として活躍する「ルーカス」君。
彼もまた使役犬として人々の生活を守っており、過去には命懸けで警察官の命を救ったこともありました。
その時の出来事は今でも語り継がれており、人々は彼の事を"英雄"として称えているそうです。

3年前に起きた事件

事件が起きたのは今から3年前の事。
その日、ルーカスのパートナーであるフレイジャー警察官は武装したギャングに襲われ、森の中へと引きずり込まれてしまいました。
人気のないところで銃を突き付けられ、死を覚悟したフレイジャー警察官。
しかしその時、パトカーで待機していたルーカスが異変を察知して駆けつけ、ギャング達に襲い掛かったのです。
ギャング達はルーカスに殴る蹴るの暴行を加えましたが、それでもルーカスはひるむことなく勇敢に立ち向かいました。
その結果、ギャング達は次第に抵抗するのをやめ、その場から走り去って行ったそうです。
その時のルーカスの様子について、フレイジャー警察官は以下のようにコメントしています。
「ルーカスは狼のような鳴き声をあげながらギャング達に立ち向かっていき、反撃されても決してひるむことはありませんでした。そんな彼の勇敢な姿を見た時、私はもうギャング達に勝ち目がないことを確信したのです。」

怪我は負ったものの…

フレイジャー警察官は体中に怪我を負い、ルーカスもまた靱帯と歯の一部を損傷しましたが、幸いにも彼らの命に別状はありませんでした。
治療を受けて回復を遂げた彼らは、現在もパートナーとして共に訓練と仕事に励んでいます。
こちらはルーカスが保安官から「ヒーローオブザイヤー(2015年に一番輝いたの英雄)」の称号を受け取った日に撮影された写真です。
地元の警察の方々はルーカスを英雄として称えているだけでなく、家族の一員としてたくさんの愛情を注いでいます。
もちろん、パートナーであるフレイジャー警察官もルーカスを心から愛しており、これからも命懸けでルーカスを守り続けることを誓っています。
「ルーカスは私にとって最良のパートナーであり、地域の平和を守るために欠かせない存在です。彼が私の命を救ってくれたように、私も彼を守るためなら命を懸けるつもりです。」
フレイジャー警察官はこうコメントしています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【よくわからない不思議な遊び】話題を集めたほっこりする動物画像24選

驚き

【ノリノリです♪】セルフィー慣れしすぎな動物たち

【人間には体験できない絶景スポット?!】人気を集めた癒されるどうぶつツイート

犬のサインを求める郵便局

笑い

【合体しちゃいましたシリーズ!】SNSで話題になったどうぶつツイート

母猫はもみくちゃになってしまった!その意外な理由とは…

画像まとめ

セキュリティ・カメラが捉えた

笑い

【顔、挟まれてるよー笑】ネットで人気を集めた動物おもしろツイート25選

生まれたての子猫たちの証明写真♪