森に捨てられていたボロボロの犬、保護から3か月が経った現在の姿がこちら。

食べ物も水もない山奥に捨てられていた1匹の犬。発見時は生きているのが奇跡とも言えるほどボロボロの状態でしたが…

[2018-04-11]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
後に「モリー」と名付けられるこちらの犬(ゴールデン・ドゥードル・2歳)は、今年の1月にノースカロライナ州の森の中で見つかり、地元の動物愛護団体によって保護されました。
最低でも数か月間森の中をさまよっていたとみられる彼女は、発見時は骨が浮き出るほどやせ細り、その体は大量の毛玉で圧迫されている状態だったそうです。
真相は定かではありませんが、動物愛護団体はモリーが飼い主によって森に捨てられた可能性が高いとみています。

動物病院へ

動物病院での検査の結果、モリーの胃の中には石や布切れ、ドングリ等の異物が消化されずに残っていることが判明しました。
しかし、幸いにもそれらの異物は排泄物と一緒に出てきたため、手術には至らなかったそうです。
「モリーは食べ物も水もない森の中に置き去りにされたため、その辺に落ちているゴミを食べることで必死に生き延びていたようです。排泄物に交じって出てきた異物を見るだけでも、彼女がどれほど過酷な暮らしを送っていたのかが伝わって来ました。」
動物愛護団体はこうコメントしています。
大型のゴールデン・ドゥードルの平均体重は20~30 kgだと言われていますが、保護当時のモリーの体重は13kgほどしかなく、毛のカットが施された後では更に3kgも減りました。
そんな状態でも生き延びていたのは、まさに奇跡だと動物病院のスタッフは言います。

幸せへの第一歩を踏み出したモリー

無責任な飼い主に捨てられ、何度も生死の境をさまよったモリー。
しかし、幸いにも動物愛護団体によって保護された彼女は、その後必要な治療とケアを受けて順調に回復していきました。
更に嬉しいことに、彼女は保護から数週間後には新しい里親に引き取られ、幸せへの第一歩を踏み出したのです。
こちらは最近撮影されたモリーの写真です。
温かいベッドの上で眠る彼女の表情は、どこか幸せを感じているようにも見えます。
健康な体と家族を手に入れたモリーは、もう寂しい思いをすることも、食べ物や愛情に飢えることもありません。
心に負った傷やトラウマが癒える事はないかもしれませんが、彼女の未来はきっと幸せと希望で満ち溢れていることでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【「くっ、この攻撃が止められただとっ・・・?」】ツイッターで人気になったなごむ動物画像21選

【ぱくっ!】ネットで盛り上がった癒される動物画像25選

笑い

【リアル貞子】人気になった可愛いのに面白い動物画像23選

愛する人を失ったイルカの悲しみを埋めてくれたワンちゃんとの心温まる交流

救われて13年後、あのときの子猫は恩人の娘を兄として見守る

感動

養育を始めて数ヶ月も経っていないのに7歳の少女を守るために犬がとった行動とは?

危険を顧みず動物たちのために救助してくれた消防士さんたち

笑い

【思いがけず取れた衝撃的な画像!!】人気になったおもしろ動物ツイート

【疾走感MAX!カッコかわいい走りっぷり!】人気になったかわいい動物画像