染色体異常を持って生まれた猫「ウィリアム」。孤独だった彼に訪れた出会いとは…?

"特別"な顔を持って生まれた猫と、そんな彼を受け入れた家族の心温まるお話。

[2018-02-27]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
生後6週
今回紹介するのは、染色体異常を持って生まれた猫「ウィリアム」君のお話です。
遡る事9か月前、ウィリアムは獣医師を目指す1人の女性によってシェルターから引き取られ、幸せな猫生を歩み始めました。
ご覧の通り、ウィリアムは染色体異常によりほかの猫とは異なる顔つきをしていますが、女性はそんな彼が特別な存在であると考え、家族の一員として迎えたそうです。

保護当時は怯えていたウィリアム

保護当時、ウィリアムはとても警戒心が強く、周りのもの全てに怯えている様子でした。
それもそのはず、実は彼はシェルターで保護されるまでは野良猫として過酷な日々を送っていたのです。
女性の御宅には他にも数匹の保護動物たちがいますが、彼らは皆そんなウィリアムの事を気にかけ、優しく接してくれました。
なかでも、「コーラ」と名付けられたこちらのワンちゃんは特にウィリアムを心配し、片時も彼の側を離れようとしなかったそうです。
「ウィリアムには安心して暮らしてもらいたい」
その一心で愛情を持って接し続けた女性と動物たち。

すると、ウィリアムは少しずつ心を開き始め…
わずか数週間後には見違えるほどの甘えん坊に大変身♪
家族の暖かさを知った彼は、いつしか自分から皆の側に寄り添うようになりました。
「家族ってこんなに暖かいんだにゃ~♪」
その表情からは、もう恐怖心や寂しさといったものは感じられません。

こんなに立派に成長しました♪

こちらはつい先日撮影されたウィリアムの写真です。
9か月間家族の愛情を一身に受けてきた彼は、今ではこんなにたくましい姿へと成長しました。
女性の話によると、ウィリアムは現在も他の動物たちに囲まれて幸せな日々を送っており、コーラちゃんとの絆も日々深まり続けているそうです。
幼いころは孤独で過酷な日々を送っていたウィリアム。
しかし、女性に救いの手を差し伸べられた彼は、今はこうして幸せな毎日を送っています。
たくさんの家族が側にいる限り、彼の未来はきっと賑やかで笑顔溢れるものになることでしょう♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【おもしろ動画】同情するなら金をくれ!?いたずらバンクを再現してみた動画がじわじわくる笑

感動

金網に挟まり身動きが取れなくなってしまった子猫が、颯爽と現れた一人の男性によって無事に救出された瞬間。

画像まとめ

巨大ハリケーン「ハービー」の中で生き残った犬

画像まとめ

「無料の犬」と書かれた紙の側に置き去りにされていた1匹の犬。調査の結果、その犬が捨てられた悲しい経緯が明らかに。

笑い

最近話題になったおもしろ動物画像22選

通常より小さく生まれた子猫。車の中に捨てられていて…

【キュン死注意】人気の動物系画像ツイート 20選

ワンちゃんとニャンコの癒し系画像集

画像まとめ

リュックに入れられ住宅街に捨てられた老犬。家族も居場所も失った彼女の運命は…