飼い主から酷い扱いを受け続けてきた猫、14歳にして初めて「愛」に触れ…

辛い過去や重い病気に負けず、明るく元気に毎日を生きる老猫「ブリッチーズ」。彼女の前向きな姿は多くの人々の心を動かしています。

[2017-12-11]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今回紹介するのは、テキサス州にある猫の保護施設で暮らす20歳の老猫のお話です。
「ブリッチーズ」と名付けられた彼女は高齢により体に多くの問題を抱えていますが、それでも明るく元気に毎日を過ごしています。

ブリッチーズが抱える悲しい過去

遡る事6年前、当時14歳だったブリッチーズは後に施設の設立者となるカリンさんによって保護されました。
こちらは当時の写真です。
長い間飼い主からネグレクト(飼育放棄)を受けていたブリッチーズは、保護された時には信じられないほど体が肥え太り、歯のほとんどが腐敗して抜け落ちている状態でした。
更に、彼女は検査の結果「てんかん」を発症していることも分かり、保護された後も頻繁に訪れる発作に苦しめられてきたそうです。

心を閉ざしているかと思いきや…

長い間飼い主から酷い扱いを受け、健康面でも多くの問題を抱えていたブリッチーズ。
しかし、彼女はそれでも人間を恨まず、カリンさんやその家族に精一杯愛嬌を振りまきました。
「ブリッチーズは年齢や生い立ちからは想像もつかないほど元気で明るい性格をしていました。保護から早くも6年が経過しましたが、彼女は現在も衰えるどころか日に日にたくましくなっています。」
カリンさんは言います。
ブリッチーズの前向きな姿に心を動かされたカリンさんは、次第に「もっと多くの動物たちを救いたい」と考えるようになり、今から5年前に身寄りの無い猫の為の保護施設を設立しました。
彼女は現在も施設の設立者として猫の保護活動に取り組んでおり、助けを必要とする猫に手を差し伸べています。

これからも皆に笑顔を届けます♪

こちらは最近撮影されたブリッチーズの写真です。
彼女は現在もてんかん発作と闘っていますが、それでも毎日を幸せに生き、周りの人々に勇気と笑顔を与えています。
猫の平均寿命は16歳前後と言われていますが、ブリッチーズならきっとこの先も5年、10年と長生きをし、皆に笑顔を与える存在であり続けることでしょう♪
私たちもそんな彼女の事を遠くから見守っていきたいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

とっても癒されて笑える!!ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

動物好き必見!!ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

感動

とある夫婦「数日前、誰かが私たちの自宅前に1匹の子猫を捨てていきました。」

ツッコミ不在! ネコたちが全力で笑いを取りに来た瞬間 23選

笑い

【肉球を背負う!】人気を集めたおもしろ動物画像

パパがお風呂に入っていると必ず乱入する犬

赤ちゃんが使うハイチェアに座って食事するラブラドール。これには理由があって…

感動

命を救ってくれた男性の側を離れようとしない子鹿

見てからじわっ~と後から来る、来る、とっても笑える画像24選