ドールサイズの13才の猫。安楽死の危機から逃れ、毎日飼い主に感謝を伝える

見た目はまるで子猫、しかし実は13才のシニア猫だった。老後の生活ぶりは…

[2017-11-26]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
こちらの小さな子猫、名前はティムタム。
こう見えて13才のシニア猫。体のサイズは4か月程度しかなく、体重はほんの2キロ弱です。
地域のシェルターで暮らしていましたが、飼い主が見つからず、期間が過ぎてしまいもう少しで殺処分されるというところでした。


テキサスで猫サンクチュアリを営んでいるカリン・ポップリンさんがその話を聞きつけ、急いで助けに行きました。
カリンさんと夫のゲラルドさんが経営している『Kitty Adventure Rescue League and Sanctuary』では、特別なケアが必要な猫や障がいを持つ猫、そして高齢の猫など飼い主を見つけることが難しい猫たちを預かっています。もう何年もたくさんの猫の命を救ってきました。


ティムタムはとてもシャイな猫で、サンクチュアリに到着してすぐは隠れたり逃げたりしていました。しかしパパからたくさんかわいがってもらうことで安心し、新たなおうちに慣れていきました。
「一日の大半を寝て過ごしていて、静かな子です。私たちの姿を見るととてもうれしそうにしてくれます」とカリンさんは言います。


体は小さいものの、元気に頭をコツンとぶつけたりすりすりしてきたりするそうです。
「ときにはすみっこに隠してあるスナックを探し当て、要求してくるんですよ」とのこと。


このかわいらしい顔で見つめられると、ついついあげたくなってしまいます…
ティムタムは毎日たくさんのルームメイトとともに楽しく暮らしています。

もちろん、カリンさん夫妻のことも大好き!いつも頭でコンコンとこづいてきて『ありがとう』の気持ちを伝えてくれます♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【恐ろしい自粛警察官】Twitterで話題のなごむ動物画像

【犯にゃんであろう猫】Twitterで話題の可愛くてほっこりする画像、動画まとめ

危機から回復した子猫。彼女は一生懸命大きくなろうとしています!

先住猫の心を掴むべく、全力で猛アピールした子猫♪

笑い

【ちょっと目を話したら…!】ネットで話題の笑える動物の画像ツイート28選

最近話題になったどうぶつツイート28選

【猫が生えてる!?】Twitterで話題の猫の笑える画像、動画まとめ

生きとし生けるものには、ぬいぐるみが必要だって証明できちゃう画像集

子猫を置いて消えた母猫は2ヶ月後、新たな子猫を連れて戻ってきました!