猫の命を絶対にあきらめなかった獣医。命の恩人に対して、猫は…

「猫が死にそうだけどお金がない…」治療代が払えない飼い主。獣医の対応は?

[2018-04-12]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ある日、緊急の治療を要する猫が獣医のもとに運び込まれました。

猫を助けたい一心でやってきた飼い主でしたが、治療にかかるお金を払う経済的余裕がなく、なかば絶望していました。


しかし獣医は決して猫の命を見捨てたりせず、なんとか助けようと懸命に治療を行いました。
そして危険な状態であるにもかかわらず猫はとてもかわいらしく、ゴロゴロのどを鳴らし、治療中のスタッフに顔をすりすりしたりしていました。
スタッフ一丸となって猫の救命にあたり、3日間かけてなんとか猫は回復しました。

今ではすっかり元気になり、獣医が猫の体調を確認しに行くたびに肩にとびのってぎゅっとしがみつきます。感謝の気持ちをあらわしたくて仕方がないみたいです。
猫はとにかく全身で愛を表現していました。顔をすり寄せてキスをし、大きな音でのどをごろごろ鳴らし、抱っこしてあげるとその音はもっともっと大きくなりました。
「この人がぼくの命を助けてくれた人だ!」とわかっているみたいです。
その後この猫は獣医のお母さんの家にもらわれていったそうです。

健康で、愛をいっぱいもらい、幸せに暮らしています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

足を怪我して弱り切った子猫

【行った結果】最近SNSで人気になった動物ツイート23選

人気になったおもしろ動物ツイート

明日への気力が湧いてくる!ホッとする動物画像集

【愛おしさが止まらない♡】人気を集めた可愛いのに面白い動物画像まとめ

最近話題になったどうぶつツイート25選

画像まとめ

路上でさみしそうに鳴く迷子犬。やっと飼い主に見つけてもらうと…

驚き

驚きが隠せない!ミラクルな模様を持ったアニマルたち

【集合写真】SNSで話題になったなごむどうぶつ画像