アパートで見つかった母をなし子猫、初めて抱きしめられて、もう夢中…

母の温もりを求めるふわふわ子猫

[2017-08-18]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ある日、母も家族もいないちっちゃな子猫が団地で発見されました。

その子猫はお腹を空かせ、愛情を必要としていました。


そしてその子猫が施設にやってきたとき、ある一人の親切な女性は子猫を見て、すぐさま育てたいと申し出たのです。

子猫のパンキー

5月23日、団地の警備員が汚れにまみれた一匹の子猫を見つけました。
母親も見つからず、助けが必要なその子猫をキャリーにいれ、Nevada SPCAにその日の午後連れて行くことにしたのです。

Nevada SPCAの里親のニッキはLove Meowにこう語ります。
「私は彼が入ってきて、この汚れたキャリーを置くのを見ました。そして子猫が入ったそれをスタッフに手渡しました。彼女はひどい脱水状態で栄養失調でもあったのです」

ニッキは経験豊かな里親で、そのコロコロ毛玉の子猫が24時間体制のケアと十分な愛情が必要だと知っていました。彼らがキャリーを開けさえする前に、彼女はその子猫を欲しいと伝えていました。

すぐにニッキは彼女を腕の中に抱き、子猫もすぐに夢中になりました!
生後3週間の子猫は痩せこけ、疲れきっていました。そしてニッキは子猫が痩せているためか持ち上げる際彼女の骨がきしむのを感じました。
十分なお風呂とご飯のあと、パンキーと名付けられたその子猫は彼女の膝の上で毛布にくるまり丸まって眠りました。


その愛らしい子猫はかなり幼くして母と別れました。そのためか、彼女はことあるごとに注目と触れ合いを強く求めるのでした。
ニッキは必要な時いつでも抱きしめられるよう、‘仮の’母親を彼女に買い与えました。

その母親には心臓の音が出せる装置が埋め込まれています。その音はとても心地よく子猫にとっては落ち着くものなのです。

赤ちゃんパンキー、ママに包まれて眠るのが好き

ニッキは彼女が自分自身で子猫用のご飯を食べられるようになるまで24時間体制で彼女にスポイトで食事をあげました。彼女は食事の時はチャンピオンのように見事に全てを平らげます。


そしてほんの2週間でパンキーは大人の猫のようにご飯を食べられるようになりました。彼女はとっても誇らしげです!
パンキーはニッキのシャツの上のポケットに入るのが好き。それで何処に行ってもニッキに抱きしめてもらえるからです。
パンキーは救助されてから1ヶ月後には体重が約635gまでにもなりました。

彼女は里親の家で健康に育っているのです。
「彼女はやんちゃで幸せな子猫に育ち、そして最近オレゴンに住む新しい母親に引き取られました。彼女はラスベガスからオレゴンまで旅もできたんです」


その愛らしい子猫は猫のお姉さんもできました。ティアという名前のお姉さん猫は彼女をよく世話します。
たったの1週間で2匹は強い絆で結ばれたのです!
「一度はたったひとりで団地の外にいて、汚いキャリーで施設に運ばれ、お腹を空かせ脱水症状にもなり…でも今の彼女をみて!」



愛を感じながら人間のお母さんに抱っこされています。
パンキーがシェルターからもらわれた日。

里親の父親は家に着くまでずっと、ブリトーのように布にくるまれた子猫を安心させ続け
ました。

パンキーは抱っこ虫!

愛する家族の家で…パンキーはもう愛に夢中です!

Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【可愛いぃ!!ちっちゃい!!そして可愛い!!!】明日から頑張れる動物ツイートまとめ

笑い

【僕が捕るにゃっ!】SNSで話題になったなごむどうぶつ画像

【マジでお互い譲らない】明日から頑張れるどうぶつ画像(21枚)

瀕死の母猫が我が子と再会するまで

母猫に捨てられた未熟児の子猫

感動

養育を始めて数ヶ月も経っていないのに7歳の少女を守るために犬がとった行動とは?

安楽死寸前だった全身皮膚病の犬は美しい姿を取り戻す

【と、・・・ん??なんか違うぞ??】最近ツイッターで話題になった動物画像

とっても大好きだから、いつもこうやっていたいと願うマディソンちゃん