「さようなら大好きな親友」病気で天国へ旅立った親友に別れのキスをするオウムの姿が切ない…。

辛いときもずっと支え合って生きてきたオウムの「ラッキー・ルー」と「ココ」。しかし数週間前、そんな彼らに悲しい別れの時が訪れました。

[2017-09-03]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
カナダ・バンクーバーで鳥類の保護活動を続けるダニタ・モリソン(Danita Morrison)さん。
彼女は以前、保護施設の閉鎖により行き場を失った2羽のオウムを保護しました。
そのオウムたちの写真がこちら。
「ラッキー・ルー」「ココ」と名付けられた2羽はご覧の通り強い絆で結ばれており、片時もお互いの側を離れようとしませんでした。
寄り添いあう2羽の姿を収めた映像
ダニタさん曰く、ラッキー・ルーは肺に腫瘍を患っていたそうですが、ココはそんな彼女の側に寄り添い、時にはダンスを踊って彼女を励ましたそうです。

悲しい別れの時

保護施設にいた頃からずっと支え合って生きてきたラッキー・ルーとココ。
しかし今から数週間前、そんな彼らに悲しい別れの時が訪れました。
こちらはその日に撮影された写真の一部です。
懸命の治療も虚しく、毛布にくるまれながら天国へと旅立っていったラッキー・ルー。
ピクリとも動かなくなった親友を前に、ココは戸惑いを隠せない様子でした。
しかし数十分後、親友との別れを悟ったココは、まるで「さようなら」というメッセージを伝えるかのように彼女の頬に優しくキスをしたのです。
「親友に別れを告げるココの姿を見たとき、鳥にも感情があるという事を改めて気づかされました。私は2羽を保護し、彼らの別れの時を見届けられたことを大変誇りに思います。」
ダニタさんはこうコメントしています。

決意を新たに

ラッキー・ルーは天国へと旅立ちましたが、ダニタさんはこれからも多くの命を救う為に保護活動を続けていくそうです。
「私はこれからもココと共に前へ進み続けます。助けを必要としている鳥たちが居る限り、私が保護活動を辞めることはありません。」
ダニタさんはこう話し、決意を新たにしています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

武装したギャングに襲われた警察官。死を覚悟した瞬間に相棒の警察犬が現れ…

笑い

【懐っこいフクロウさん♡】話題になった笑えるどうぶつ画像

感動

【心温まる】保護した野良猫が交番で出産。その時、警察官が取った驚きの対応とは…?

キレイなお花が届く不思議!キュートなお花を届けてくれていた動物の正体とは?

笑い

【待ちくたびれた】人気を集めたおもしろ動物ツイート25選

現代人がどこかに置き去りにして来た、大切な何かを教えてくれる画像集!

【浮いてる…!?笑】リツイートを集めた笑える動物ツイートまとめ

究極的な線描画に挑戦した人!いったいどんな作品になったの!?

ネコってずるい♡ ダラけてるだけなのに可愛すぎるニャンコたち 23枚