夏に犬とお出かけするオススメスポットは?

[2017-07-21]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
毎日一緒に暮らしている愛犬は、ペットというより家族同然に思っている方も多いことでしょう。

日帰りで遠出するのも気が引けますし、愛犬に留守番をさせて旅行に出かけるなんてもっての外です。

もし、愛犬と一緒にお出かけすることが出来れば...そんな風に考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、関東と関西それぞれのエリアの「犬と一緒にお出かけできるオススメスポット」をご紹介します。

次の長期休暇はワンちゃんと一緒のお出かけを思い切り楽しんでください。

また、犬連れでお出かけする時の場所の選び方のコツも併せてお伝えします。どんなことに気を付ければ良いのか?飼い主さんと愛犬、どちらも楽しむために注意したいポイントをまとめました。

この夏の、最高の思い出作りにぜひ参考になさってください。

犬と一緒におでかけするときの場所の選び方のコツは?

愛犬のストレスを解消してあげたり、絆を深めたり、愛犬とのお出かけには様々な「いいこと」があります。

子犬のうちに、ドッグカフェのような他の犬に会える場所へ行くことで自然と社会性を身につけられるという効果もあるのです。

では、愛犬と最後まで楽しくお出かけするためにはどのような場所を選ぶと良いのでしょうか?

公園、ドッグラン、キャンプ場など愛犬を連れてお出かけできるところはたくさんあります。

最近ではペットブームの影響で、ペット同伴可能な施設も大幅に増加しました。ですが、犬も出かけられる場所には屋外が多いので、夏場は熱中症や暑さ対策が必須です。

どこにお出かけする場合でも、避難できる日陰はあるか・屋根付きの休憩所はあるかなど常に考え事前にリサーチすることが重要です。

海の近くや街中に出かけるよりも郊外や山間部にある施設の方が、犬連れの方やグループには向いているといえます。

真夏、特に長期休暇があるお盆の時期は日差しがかなり強く、日陰のほとんどない海は愛犬にとってとても危険です。

人混みでパニックになる・犬のトイレの設備がないなど、街中でのお出かけもあまりオススメできません。人よりも体高(人間で言う身長のこと)の低いワンちゃんは、誰かに踏まれてしまう危険もあります。

体の小さなチワワや足が短く体高の低いミニチュアダックスフンドは、事故に遭う確率も高くなってしまうので特に注意が必要です。


また、お出かけでは場所選びも重要ですが行き帰りの交通手段も考えないといけません。

公共の交通機関を利用するにはペット用のキャリーが必要ですが、暑い時期に長時間狭い場所に愛犬を閉じ込めてしまうことは大変危険です。

長距離移動にならない範囲でお出かけ先を決めるか、車で移動するようにしてください。

せっかく一緒にお出かけするのですから、愛犬に負担のかかる場所はなるべく避けてあげたいものです。

関東の犬と一緒にお出かけできるオススメスポット3選

愛犬と一緒にお出かけできる場所はたくさんありますが、行った先で何をしたいかという目的も様々だと思います。

ここでは、関東のオススメのスポットを目的別に3か所に絞ってみました。

お出かけ先選びの候補を決める前に、どんなところがあるのか確認してみてください。


・東京都「綱吉の湯」
東京都江東区の大江戸温泉物語に隣接しているワンちゃんのリラクゼーション複合施設です。

ドッグランやペットホテルはもちろん、プールやリハビリ用の設備まで揃っています。たっぷり遊んだ後は、温泉に浸かって疲れた体を癒せるのも大きなポイントです。

酸素カプセルやトリミングもありますので、心身ともにリフレッシュできること間違いありません。

営業時間は10:00~19:00(最終受付17:30)で年中無休、施設への入場料は無料です。

ただし、サービスの利用には各種料金が発生するので注意してください。

温泉の利用料は以下の通りです。

・小型犬(~10Kg)・・・平日2160円・土日祝2700円
・中型犬(11~20Kg)・・平日2700円・土日祝3240円
・大型犬(21~40Kg)・・平日3780円・土日祝4320円
・超大型犬(41Kg~)・・平日4860円・土日祝5400円


サービスによっては年齢制限や大型犬不可などの条件もあるので、事前にお問い合わせすることをオススメします。一部サービスの利用にはワクチン接種の証明書の提出が必要なのでしっかり確認しておきましょう。

また、不定期で開催されるイベント情報も要チェックです。
・群馬県「大理石村ロックハート城」
群馬県吾妻郡に復元された、イギリスの古城です。

テレビドラマのロケ地にもよく使われていて、アンティーク調の街並みが素敵なテーマパークとして注目を集めています。

リードをしっかり装着することでワンちゃんも入場できます。ワンちゃんと一緒に入店できるレストランや、貸衣装で写真撮影ができるなど飼い主さんに嬉しいサービスも満載です。

非日常的な空間で素敵な写真をたくさん撮って、SNSに投稿したり旅の思い出を語り合うのも楽しみのひとつではないでしょうか。

営業時間は9:00~17:00で年中無休、入場料は大人1000円・中学生800円・4歳~小学生500円です。

ワンちゃんは無料で入場できます。
・千葉県「ホテル里杏」
千葉県勝浦市にある愛犬・愛猫との宿泊が可能なホテルです。

敷地内にはドッグランやドッグスパ・ドッグプールがあり、たっぷり遊んでリフレッシュすることができます。

ドッグインストラクターの教育を受けたスタッフが、アドバイスやワンちゃんのストレスの軽減をしてくれる工夫ある接客をしてくれるのではじめての旅行も安心です。

また、事前予約することで愛犬の日頃の行動に対する相談をプロのドッグインストラクターにできる嬉しいサービスがあります。


飼い主さんの各種プラン宿泊料金にワンちゃんの宿泊料が追加されます。一部屋につき3頭まで、体重39kgまでは1頭2160円・40Kg以上は1頭4320円です。

チェックインは15:00~18:00、チェックアウトは10:00です。

関西の犬と一緒にお出かけできるオススメスポット3選

続いては、関西で犬とお出かけできるオススメスポットです。

関東のスポット同様、色々な種類の3か所に絞りました。お出かけ先選びの参考にしてください。


・兵庫県「神戸フルーツフラワーパーク大沢」
ドッグランもある、充実した施設が魅力の道の駅です。

ワンちゃんは建物内には入れませんが、テラス席で一緒にお食事することができます。

四季の花が咲き誇る園内を散歩したり、自然に囲まれたヨーロッパ調の雰囲気の中で記念撮影して楽しむのもオススメです。

入園料・ドッグラン利用料ともに無料で、1台500円の駐車場があります。

年中無休で、営業時間は9:00~17:00です。
・大阪府「ワールド牧場」
大阪府南河内郡にある、牧場型施設です。

140種類以上の動物が暮らしていて、餌やりやお散歩体験・乗馬体験もできます。牛の乳搾りや生みたてのタマゴ拾いなど都会では体験できないイベントが盛りだくさんなので、犬連れでなくても楽しめます。

愛犬にとっても、大自然の中で過ごす時間はとても貴重です。もちろんドッグランもあるので、ストレスを溜めてしまったワンちゃんや運動不足のワンちゃんも思い切り楽しませてあげましょう。

定休日は火曜日(祝日の場合は翌日休業)ですが、春休み・夏休み期間は無休になります。天候不良によっては臨時休業となることもあるので注意してください。

営業時間は11/3までは10:00~17:30、11/5~2/28は10:00~17:00、毎年8/2はPL花火終了まで開園しています。

入場料は大人1500円・3歳~小学生800円・ペット500円です。

各種体験には別途料金が必要となっています。
・三重県「伊勢志摩エバーグレイズ」
三重県志摩市にある、アメリカンスタイルのキャンプ場です。

ドッグランでたっぷり遊んで泥んこになっても、ワンちゃん専用のシャワー(冷水)があるので安心です。テントやトレーラーホーム・キャビンと様々なスタイルでのキャンプが楽しめます。

今話題のグランピングスポットとしても注目されていますが、残念ながらグランピングはワンちゃん不可なので注意が必要です。

年中無休、ドッグランの利用時間は7:00~日没までです。

日帰りのデイキャンプは大人1200円・小人600円・ペット1頭400円です。宿泊でのキャンプはキャンプスタイルにより料金が異なります。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

鳴きながら路上をさまよっていた野良猫。心配した女性が動物病院へ連れて行った結果…

大好き派と大嫌い派が真っ二つ!! 入浴中のニャンコたち 20枚

笑い

【そこに入る??】最近ネットで話題のかわいい動物ツイート20選

25歳の誕生日から飼い始めた犬。驚きのビフォーアフター写真がこちら

ネットで人気になったどうぶつ画像22選

そうくるのか(笑) 座り方が意外すぎて吹き出す動物たちのお座り 23枚

感動

病気で瀕死の状態だったチンパンジーが、最愛の男性と再会し最後の笑顔を見せた瞬間

笑い

【栗まんじゅう!?】最近ネットで人気を集めたなごむ動物画像21選

笑い

【いい巣見つけた】話題を集めた笑える動物ツイート