犬の夏用ベッドでオススメは?

[2017-07-20]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
熱く寝苦しい夏は少しでも快適に睡眠がとれるよういろいろの工夫をされている方は多いと思います。同じように、愛犬にも快適に過ごしてもらえるよう工夫できることはたくさんあるのです。

洋服を涼しいものに着替えさせたり冷感グッズを利用する・サマーカットしてあげるなど、もう対策している方も多いのではないでしょうか?

ところで、愛犬のベッドは夏用のものにしましたか?飼い主さんが夏になると肌布団やタオルケットを使うように、ワンちゃんのベッドも涼しいものに替えてあげる必要があります。

そこで今回は、犬の夏用ベッドを選ぶ時のポイントや購入するのにオススメの商品をご紹介します。

愛犬用グッズは手作り派という飼い主さんのために、簡単な作り方もお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

犬の夏用ベッドを選ぶ時のポイントは?

犬用のベッドは様々な形や素材のものがあります。

ワンちゃんの性格によっても落ち着くベッドのタイプが違うので、愛犬の好みをしっかり見極め選ぶことが大切です。

ベッドの形によっては機能が異なる場合があります。足の短いワンちゃんや体の小さな子犬でも出入りしやすいように入り口の縁が低くなっているものや、そもそも縁のないものもあります。

アゴ置き用に枕がついているタイプや、ドーム型で中に入れるようになっているものも人気です。

狭いところが好きなワンちゃんは多いですし、冷房で冷えてしまった時にも一時避難場所のように利用できるのでオススメです。

どんな素材でできているかも重要で、夏用ならひんやり冷感素材のものを選ぶと熱中症対策にもなります。噛み癖のあるワンちゃんには柔らかいプラスチック素材やゴムのもの、木製のソファー型ベッドが最適です。

また、お手入れしやすい素材や形のものを選んでください。抜け毛が溜まったり、ヨダレやフケがついてしまい意外と汚れやすいベッドはいつも清潔にしておくことが大切です。

丸洗いできるもの・汚れをふき取れるもの・乾燥しやすく雑菌が繁殖しにくいものなど、清潔な状態を保てるベッドを選んで、いつでも綺麗なベッドで休ませてあげてください。
手作りする時も、注意するポイントはほとんど同じです。

形や素材、大きさなど愛犬にいちばん合ったベッドを作ってあげてください。

購入するか手作りするか悩んでいる方は、実際に使用する時を想像してみてはいかがですか?

愛犬の特徴や好みをしっかり把握しているのであれば、ご自身で作ってあげるベッドがいちばん落ち着けるでしょう。ですが、先ほどもお伝えしたように噛み癖のあるワンちゃんには布製のものは合いません。

プラスチックやゴム製のベッドはご自宅で手作りするのは難しいと思います。商品のバリエーションでサイズや形を選んで購入することが望ましいです。

噛んでも大丈夫な素材のベッドを購入する場合でどうしても手作りしてあげたいなら、中に敷くマットやクッションなどを思い切りこだわって作ってあげましょう。

購入したベッド・手作りしたベッド、どちらにしても愛犬のお気に入りのひとつになれば嬉しいものです。

犬の夏用ベッドを手作りするときのコツは?

犬の夏用ベッドを手作りする時のポイントは、ずばり「愛犬に合った大きさ」と「丈夫さ」です。

犬は本格的に眠りに入る前に、くるくる回ってどのような体勢で寝たらいいのか悩んだり前足でカリカリと形を整えようとします。

遊んでいる途中でおもちゃをベッドに持って入ったり、ベッドを巻き込みながら暴れることもあると思います。

お気に入りになればなるほど酷使されるベッドは、作りがもろいとすぐに壊れてしまいます。

縫い目がほつれてそこから綿が飛び出してしまうと、誤飲の原因にもなるのです。ほつれた糸が足に絡まるなどの事故に繋がる危険もあるので、しっかり強いつくりにすると常に考えながら作ってください。

愛犬のサイズからパターンを起こして1から手作りする方法もありますが、ここでは100円ショップで売っているもので簡単に作れるベッドをご紹介します。

用意するものは「座布団」「針と糸」、これだけです。

小さめの中型犬までのサイズであれば、座布団5枚でできます。

底の部分用に1枚置いた座布団の四辺に縁を作るように縫い付けましょう。縁にした座布団同士を縫い合わせて箱のような形に整えれば、簡単ですがベッドの完成です。

縁同士を縫い付ける時、コの字縫いで綴じることをオススメします。爪が引っかかってしまわないよう、縫い目を表に出さないようにすると安心なのです。簡単ですがベッドの完成です。

縁の部分に使う座布団は2つ折りにすると厚みが出てさらにベッドらしく、使いやすくなります。
大型犬や、多頭飼いでみんな同じところで眠る場合は座布団を3枚増やしてみましょう。

底の座布団を2枚並べて、辺の長さに合わせて縁の座布団も1枚ずつ増やして縫い付けます。

おしゃれな生地でカバーを作って被せれば、こまめに洗濯もできて清潔です。インテリアにも合わせやすくなり、どなたでもお好みのベッドになります。

底にする座布団をクッションにすればフカフカになり、冷感素材のマットを敷き詰めれば夏場も快適なベッドに早変わりです。

このように既製品の座布団を使用することで、裁縫経験のない方や得意ではない方でも気軽に挑戦することができます。

犬の夏用ベッドを購入する時のオススメは?

夏用ベッドを購入するならどんなものがあるのでしょうか?

はじめてのベッドで選び方がよくわからない方のために、オススメの商品を3つご紹介します。

お近くのペットショップなどの店舗で購入できるものがほとんどですが、インターネットショップでも翌日配達に対応していたりと便利なので一度ご覧になってください。

・涼感ひんやりベッド
涼感素材でサラリとした肌触りのベッドです。

メッシュを使用しているので春~夏の暑い季節も気持ち良く眠ることができます。底面には滑り止め加工がされているので子犬からシニア犬まで安心して利用できるのも特徴です。

サイズは幅51cmのMサイズと幅58cmのLサイズがあり、価格はMサイズが約1600円・Lサイズが約1900円とお手頃なのもうれしいポイントです。

この商品は楽天市場で購入できます。同じように冷感素材のベッドはamazonやホームセンターでも購入することができます。
・ファンタジスタラウンジ
こちらはプラスチック素材のベッドです。

着脱可能で清潔に保つことのできるクッションが付属しています。噛み癖のあるワンちゃんにはこのようなかみちぎることのできない素材のベッドがオススメです。

プラスチックなのでひんやり感もあり、背もたれやアゴ置きもついているので寝相の悪いワンちゃんやシニアのワンちゃんにもぴったりです。

サイズはチワワなどの超小型犬に最適なSサイズ、体の長いダックスフンドから柴犬などの中型犬まで入れるMサイズの2種類です。

価格はSサイズが約2800円、Mサイズが約3500円です。丈夫で長持ちするのでコスパ面でも良好です。
・ツボ型ハウス
エアコンつけっぱなしの室内での一時避難場所にも最適なドーム型のベッドです。安心して眠れる狭い場所が大好きなワンちゃんにとって、ドーム型は最適な形なのです。

ツボの上部は通気口になっていて、体温や寝息で中に熱がこもってしまうのを防いでくれます。

サイズは直径35cm×高さ40cmのみで、価格はショップによって異なりますが3000~4000円程度です。

楽天市場やamazonで購入できます。

ベッドを洗う時の注意点は?

いつも清潔にしておきたいベッドですが、お手入れに注意が必要です。

丸洗いできるタイプのベッドは安心してお洗濯できますが、綿が入っているので型崩れを防ぐためにも手洗いするようにしましょう。せっかくのお気に入りベッドも、中綿が偏ってしまうと寝にくくなってしまいます。

プラスチックやゴム素材のものは、敷いているパッドなどは洗うようにしましょう。本体はアルコールスプレーを吹きかけしっかりと拭いてあげてください。

汚れが酷い場合は水洗いもできるので安心です。

また、雑菌やウィルス・ノミダニが気になる場合は湯船で熱湯に浸けることをオススメします。その後でしっかりと洗濯して完全に乾燥させましょう。

除菌スプレーや消臭スプレーを使用するとさらに安心です。必須ではありませんが、生活環境により必要に合わせてご使用ください。

どんなベッドを選んだとしても、こまめなお手入れは大切です。柔らかいベッドを使う場合は、型崩れして寝にくくなっていないかしっかり確認してあげてくださいね。

関連記事

Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【魚の匂い??】話題を集めたおもしろ動物画像22選

笑い

【家族で】ネットで盛り上がった笑える動物画像

笑い

【捕獲】思わず突っ込んでしまう動物ツイート25選

外で待っていた野良猫。男性を見つけるやいなや、しがみついて離れませんでした

笑い

話題の面白くてカワイイどうぶつ画像22選

画像まとめ

意外と知られていない?コツメカワウソの激カワ写真18選♪

【わんこかな?】人気を集めた笑える動物の画像ツイート22選

感動

自殺を決意し最後の煙草に手を伸ばした元兵士。その瞬間、彼の前に1匹の猫が現れ…

笑い

【プンッ】人気を集めたおもしろ動物の画像ツイート