郵便受けに捨てられ瀕死の状態だった子猫が、人々の愛に支えられ奇跡の回復を遂げるまで。

発見時は脱水症状や目の感染症を初めとするさまざまな問題を抱え、瀕死の状態だった子猫。しかし、彼はその後2週間で驚異的な回復を遂げることとなります。

[2017-07-14]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
「ネスレ」と名付けられたこちらの子猫は、数週間前に米バージニア州のアニマルシェルター前に設置された郵便受けの中から見つかり、その後地元の動物愛護団体によって保護されました。
その日は気温が高く、発見時は栄養失調や脱水症状を初めとする様々な問題を抱えていたネスレ。
もし発見されるのが少しでも遅くなっていれば、彼は命を落としていたかもしれません。
「ネスレは発見当時生後3週間前後とみられましたが、その体重は170グラムほどしかなく、生きているのが不思議なほど衰弱していました。更に、彼は左目が重度の感染症を引き起こしており、その状態は失明の恐れがあるほど深刻だったのです。」
ネスレを保護したカットさんはこう話します。

治療の結果…

保護されたときはたくさんの問題を抱え、瀕死の状態だったネスレ。
しかし、彼はカットさんを初めとするスタッフに支えられながらも治療を乗り越え…
わずか2日後にはご覧の通り。
失明の恐れがあると思われた左目は奇跡的にも回復の兆しを見せ、この頃から体重も順調に増え始めました。
「ネスレはたった2日で驚異的な回復をみせ、その後は自分の足で歩いたり、排泄をしたりすることも出来るようになりました。どうやら、彼はその小さな体からは想像もつかないほど強いハートを持っていたようです。」
カットさんはこうコメントしています。

現在も順調に回復中!

カットさん曰く、ネスレは保護されてから数週間が経った現在も順調に回復を遂げており、日に日にたくましい姿へと成長しているそうです。
こちらはつい先日撮影されたネスレの写真です。
体重が増え、左目の視力を取り戻すことにも成功したネスレ。
その姿からは、もう保護されたときの弱々しい面影は感じられません。

ネスレの幸せを願って

ネスレは身勝手な人間に捨てられたせいで一度は生死の境をさまよいましたが、今は優しい心を持った方々に支えられながらすくすくと成長しています。
奇跡の回復を遂げ、今を前向きに生きるネスレ。
そんな彼がこの先幸せな猫生を歩めるよう、一日でも早く責任感のある素敵な里親が現れることを願わずにはいられません。
ブラウザーをアップデートしてください | Facebook
こちらはネスレの最新情報を発信しているFacebookページになります。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【友だち♡】最近人気を集めた笑える動物ツイート20選

過剰染色体が原因で安楽死が決定した猫…その後の運命は?

感動

抱っこされないと泣きわめく猫。スタッフが考えた方法で誰もが笑顔に。

笑い

ネットで話題の癒されるどうぶつツイート21選

驚き

アニメキャラによく似た動物15選!どのキャラに似てるかな?

驚き

そこはお前じゃない(笑) 見たらツッコミたくなる堂々しすぎなネコたち 20匹

【目が・・・】話題を集めたおもしろくてカワイイ動物画像(25枚)

笑い

【あっ】ネットで人気を集めたどうぶつツイート20選

笑い

【で・・ぶ・・?】人気になったかわいい動物画像