【感動の結末】サーカス団で虐待を受けてボロボロになってしまったトラが、一人の女性の愛に触れて美しい姿を取り戻すまで。

保護された時は体重が平均の4分の1しかなく、痛々しい姿をしていた「アーシャ」。しかし、懸命な治療の末、彼女はその後見違えるほど美しい姿へと生まれ変わります。

[2017-05-26]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今から約6年前、テキサス州のサーカス団によって虐待を受けていた1頭のトラが保護されました。
「アーシャ」と名付けられたそのトラは、十分な量の餌を与えられておらず、その体は皮膚病や他のトラから受けた傷でボロボロだったそうです。
保護された当時のアーシャの写真がこちら。
この時、彼女は生後9か月でしたが、体重は平均の4分の1(約13~14kg)しかなく、その体は生後3か月の虎とほぼ同じ大きさでした。
その姿を見るだけでも、彼女がそれまでどれほど過酷な暮らしを送って来たのかが分かります。

アーシャを救うために立ち上がった一人の女性

そんなアーシャを救うべく立ち上がったのは地元の動物保護施設の設立者であるヴィッキーさん。
彼女はアーシャを施設で保護すると、毎日2回体に薬を塗ったり、お風呂で体を洗い流したりと、一生懸命看病に励みました。
すると、そんなヴィッキーさんの尽力のおかげでアーシャの肌は少しずつ改善され始め、保護から8週間後には体から新しい毛が生え始めたそうです。

立派な姿に大変身

皮膚の状態が改善され、元気を取り戻したアーシャはその後も順調に回復を遂げ…
保護されてから6か月後にはご覧の通り。
ふさふさな毛を取り戻し、目に光が宿ったその姿からは、保護されたときの痛々しい面影は全く感じられません。

友達もできました

サーカス団にいたころは他のトラからいじめられていたアーシャですが、施設に来てからは「スマグラー」という名前の友達が出来ました。
施設のスタッフ曰く、アーシャはスマグラーのことがとても気に入った様子で、今では同じ囲いの中で仲良く暮らしているそうです。

辛い過去を乗り越えて

過去には人間によって残酷な扱いを受け、地獄のような苦しみを味わったアーシャ。
しかし、彼女は現在優しい方々に囲まれながら幸せな暮らしを送っています。
アーシャが心に負った傷が完全に癒える事は無いかもしれません。
しかし、施設の方々や親友のスマグラーが側にいる限り、彼女の未来は幸福と希望で満ち溢れていることでしょう
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

思わず突っ込んでしまう動物ツイート25選

驚き

【驚き】カナダの工業地帯で見つかった"特別"な子猫達。その前足を良く見てみると…

笑い

【ぎしき?】話題を集めたかわいい動物画像まとめ

笑い

ツイッターで話題のなごむどうぶつ画像

笑い

【栗まんじゅう!?】最近ネットで人気を集めたなごむ動物画像21選

笑い

最近ツイッターで盛り上がった動物画像

SNSで話題を集めた笑える動物ツイート

ツイッターで話題の動物の画像ツイート

【毛布?】最近Twitterで話題の動物画像25選