とある男性「寝たきりだった愛犬がある日突然立ち上がった。そこで、僕は彼をある場所へ連れていくことにしたんだ。」

深夜に突然起き上がり、「散歩に連れて行って!」とアピールをした犬。その姿を見た男性は、愛犬が行きたがっている場所をすぐに察しました。

[2017-05-12]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
画像共有サイト『imgur』ユーザーのstaynkinsさん。
彼には「キーファ」という名前の愛犬がいますが、その犬は数年前から重い病気を患い、2年前には両目の摘出手術を受けたそうです。
手術を無事に乗り越えたキーファでしたが、彼はそれ以来日に日に衰弱し、今年の4月に入ってからはほとんど歩くことが出来ない状態になってしまいました。
少しずつ、着実に弱っていくキーファの姿を前に、staynkinsさんもやるせない気持ちでいっぱいだったといいます。

夜中に突然立ち上がったキーファ

しかしつい先日のこと、それまで立ち上がる事も出来なかったキーファが、深夜の1時半に突然起き上がり、staynkinsさんに「散歩に行きたい!」とおねだりをしました。
そこで、staynkinsさんはキーファを外へ連れていくと、その後キーファが大好きなある場所へ向かったそうです。

キーファが大好きな場所

キーファが大好きな場所…それは地元にある小さなピザ屋さん。
staynkinsさんはピザ屋に到着すると、そこで購入したピザをちぎってキーファに与えました。
すると、キーファはまるで少し若返ったかのように元気を取り戻し、そのピザを美味しそうに頬張ったそうです。

ネット上では批判の声も…

staynkinsさんがこのお話を画像共有サイトでシェアしたところ、中には「ここまで衰弱した犬を生かしておくなんて可哀想」といった内容のコメントも寄せられたそうですが、それに対してstaynkinsさんは以下のように反論しています。
「"キーファのような状態の犬を生かしておくのは飼い主のエゴでしかない"という人もいますが、私は簡単に安楽死させるのではなく、彼に全力で治療を受けさせることを選択したまでです。」
「キーファがあまりにも苦しんでいた場合、私も安楽死という選択を取ったかもしれません。しかし、手術後も必死に生きようとしていたキーファを見てきた私には、彼がまだ幸せに生きられることを信じずにはいられなかったのです。」

staynkinsさんの決意

staynkinsさんはこれからもキーファの側に寄り添い、彼の事を支え続けることを誓っています。
キーファがあとどのくらい生きられるのか…それは誰にも分かりませんが、彼がこれからも幸せを感じながら長生きをし、最期は笑顔で天国へと旅立てることを願わずにはいられません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

【衝撃】命の恩人であるロシア人夫婦と共に暮らす熊。その姿がまるで熊の皮を被った人間のようだと話題に。

感動

重い病気により安楽死が決まった猫。最後に飼い主さんの手をぎゅっと握りしめる姿が切ない…

笑い

【朝からパトロール】SNSで話題になったどうぶつツイート

画像まとめ

空気銃で頭を何発も撃たれた野良犬。その痛々しい姿に涙が止まらない…(レバノン)

感動

猫を飼っていない一人の男性。ある日帰宅すると椅子に座った猫が出迎えてくれました。

笑い

【完璧な配置】明日から頑張れる動物ツイートまとめ

【何その手!?】話題を集めたかわいい動物画像まとめ

ネットで人気になったどうぶつ画像22選

笑い

【親方…!】人気を集めた笑える動物の画像ツイート22選